上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > カテゴリー - 四国の路地裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高松(4)-緑の迷路



高松の路地裏神社「華下八幡宮」の周囲は、迷路のように入り組んでいる。

写真では、神社の参道とさい銭箱、神社のノボリが写っているが
その脇は既に焼き鳥屋の板ばりと煙突が現れる。

高松(3)-中庭とトイレ



前回の「華下八幡宮」の脇には、まだまだ路地裏が密集している。
神社を中心とした街なのに、なぜか飲み屋やキャバレーが集まっているのだ。

高松(2)-華下八幡宮



高松の商店街は進化している。
高い天井のアーケードに、ミラノのガレリアの現代版のようなドームが空を覆う、「丸亀町」アーケードと、非常に未来的である。

takamatsu02b.jpg

その一方で、裏手はかなり昔ながらのものが多く、謎めいた路地がいたるところにある。
丸亀町のドームから東に歩いていると、フェリー通りの手前で
昔ながらの横丁が現れる。
石畳が続いているのは鳥居の方向だ。

高松(1)-片原町駅裏の歓楽街



高松は実に細い路地の多い街だ。
市街地の道を歩けば、細い道はすぐ見つかる。
多すぎて1日じゃ回れないくらいだが、その内から厳選したものをお送りしよう。

takamatsu01b.jpg

ことでんの「片原町」駅から裏に入ったところにある路地裏が、これまた濃いながらも寂れた感じがある。

琴平-昭和のソープランド街



香川県琴平町といえば、「こんぴらさん」と呼ばれる「金刀比羅宮」がある。
金刀比羅宮に続く、長い長い階段の途中に土産屋が並ぶ風景は、多くの人に知られている、香川県を代表する観光地だ。

…ところが、観光客で賑う金刀比羅宮の前にある琴平の町は、それとあまりにも対照的に、商店街は寂びれ、昭和の頃から残ったような店がぽつぽつ立ち並んでいるのをご存知だろうか。
全国から参拝者が集まる金刀比羅宮だが、その前にある街には、なぜかスナックやキャバレー、風俗店、旅館が立ち並んでいるのだ。

高知(3)-龍馬第1ビルの裏路地



「龍馬第1ビル」という場所は、地元の人には名前が知られているらしいので、この路地は「龍馬第1ビル」の裏手ということでマークしているが
それにしてもこの路地裏もまた、変り種の店が集まっている。

高知(2)-おびや町小路



高知の名の知れた路地裏は、前回の「高知55番街」と、今回の「おびや町小路」だ。

「帯屋町」といえば、高知を代表する繁華街となっているが
この「おびや町小路」も、高知の代表的な飲み屋街といわれているかもしれない。

ゲートをくぐると、昔からの飲み屋や、新しく出来たバーやインドネシア料理の店が現れる。

高知(1)-高知55番街



高知市の繁華街には、やけに飲み屋が多い。
僕は何度か高知を旅行したことがあるが、大抵飲み屋に入って飲んでいる。
僕の中ではあまり外れがなかったと記憶している。

さて、高知の街は昼より夜が本番だ。
飲み屋に灯りが灯りだし、老いも若きも飲み屋へ繰り出す。
繁華街、「帯屋町」の裏手には、いくつかいい感じの飲み屋横丁が点在する。
その一つが、「高知55番街」だ。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。