上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 山口(2)-ゆあーんゆよーんゆやゆよんホーム > まちづくり・地方の実態 > 山口(2)-ゆあーんゆよーんゆやゆよん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山口(2)-ゆあーんゆよーんゆやゆよん

(山口市中心部レポートその2です。初めての方は、その1から読むと、さらにお楽しみいただけます。)



山口市は昔、「西の京」と呼ばれるほど発展した時期があったが、今はそれほどでもなく、山に囲まれた田舎町といった風情になってしまった。
ところが、中心商店街をあるけば、全国でみられるシャッター通り化の流れに逆らうように、人がいるし、小ぢんまりした店が多いながら、よく見たらシャレてる店が多く、山口人に京都との共通点があることを伺わせてくれた。

今回は、山口の中心地の周辺がどうなっているかを伝えよう。

ymgt23.jpg

山口のシンボル的な寺院、「瑠璃光寺」。
五重塔で有名である。
山口が最盛期の室町時代、大内義弘を弔うために建てられた。
室町時代の栄華がしのばれる塔だが、豪華すぎるというわけでもなく華があり美しい。
みんな塔の前でパチリ。
★市街地のすぐ脇は懐かしい★

ymgt24.jpg

瑠璃光寺から市街地まで、「一の坂川」沿いの小道を歩く。
左手には、「竪小路」という、室町時代の西の京らしさを残す街並みの地区が存在する。
川沿いに昔ながらの家も並ぶ。

ymgt25.jpg

静かな川沿いには割烹や、隠れ家的な店も存在する。
山口市民は、散歩コースには困らないようでうらやましくなるくらい。


ymgt27.jpg

川には護岸工事がされているものの、水生植物が生えやすい工夫がされており、そのため水に棲む生物が住みやすい環境になっている。
そのため6月には、夜にゲンジボタルが乱れ飛ぶ光景が見られることもある。
中心市街地の近くにあって、自然が隣にあるようだ。

ymgt26.jpg

この川は、西門前商店街の入り口まで続く。
商店街から少しでも脇に入れば、いつかの田舎町のような、子供の頃のような風景が顔を出す。
こんな気の利いた演出がある街が残っていて欲しいと願う。


★県庁のそばが足湯?★

ymgt28.jpg

山口のもう一つの新しい中心地は、「湯田温泉」である。
県庁所在地で、行政の中心地という都市機能を持った場所ながら、観光地という側面も持つ、珍しい温泉地である。


ymgt29.jpg

山口情報芸術センター」という、山口ののどかな街中にあって、現代アートが楽しめるエッジの利いた場所がある。
テーマは「メディアアート」という、全国でも数少ないながら、芸術分野の中でも新しいジャンルを取り扱う。
設計者は、世界的建築家の磯崎新。

市立図書館も併設されており、賑っている。
また、演劇やワークショップ、ミニシアター、市民の発表の場など、表現の発表の場としての機能もある。

山陽本線を市街地から迂回させるほどの保守性を持つ町」と言われるほどだが、一方で現代アートやファッションに対する意識は、やはり京都に通じるものがある。
保守的なようで、先進性を持っている。
古くは京都の文化を取り入れたり、サビエル(山口ではザビエルではなくサビエル)が来てキリスト教を布教したりと
変わったものを場所に合う形で取り入れる、という能力に、山口人は長けているのだろうか。

ymgt30.jpg

湯田温泉の商店街。
温泉地だが、地元の人が集う店もある。
スーパーなんかもあり、普通の商店街の面もある。
しかしここは温泉町であり県庁の近く。
県庁のすぐそばに足湯があったりするのだ。

ymgt31.jpg

温泉宿やビジネスホテルが存在する温泉街でもある。
温泉街らしさとは違っているものの。
夜には観光客が入れるナイトスポットやキャバクラもある。


ymgt32.jpg

よくある商店街の雰囲気もあり、日常的な光景もよくみられる。
古くは、中原中也や種田山頭火が住んだ街というのは有名だが。
彼らが魅入られたのは、ただの温泉街というだけではないという空気感だったのだろうか。

ymgt33.jpg

テレビ塔の下にカラオケ屋。
湯の香りで足どり軽くなる。
山口はあらゆるものをくるみ込む懐の深さを持っているのかもしれない。



より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。