上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 長崎とは思えない赤土地帯ホーム > ★枠外 > 長崎とは思えない赤土地帯

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長崎とは思えない赤土地帯

iiak01.jpg

長崎県は、県の大半が山がちで、そのため道路は起伏に富み、カーブだらけで、緑が多い。
平地が少なく居住地域が限られているというのが特徴で、他の県と大分違っている。

ところが、その長崎県の地形の中で、異色の場所がある。
それは、長崎から雲仙を結び、長崎の半島を南岸沿いに走る国道251号線を走っていると見える。

iiak02.jpg

見ての通り、木が茂っていない、それどころか、土が真っ赤な畑が続く場所である。
iiak03.jpg

なぜこのような地形ができたのかは不明だ。
ただ、長崎県には赤黄色土が多く分布している。

iiak04.jpg

そのような場所では、赤土を石積みで区分けし
そこにジャガイモを栽培する農業が行われる。
写真左にあるトラックは、農作業の際に止められたのだろう。

iiak05.jpg

どこまでも続く赤い土の風景。
長崎の中のここではないどこかの地を見つけたような心地がしたまま、バイクを走らせてみるのもまた楽しいだろう。


より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。