上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 中津高架下アンダーワールド②ホーム > ★枠外 > 中津高架下アンダーワールド②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中津高架下アンダーワールド②

(※中津アンダーワールドレポートの続きです。①からご覧になることをオススメします。)


nku27.jpg

大阪の中心地、梅田から一駅、淀川に面した「中津」には
高架下がまるで別世界のようになっている場所がある。
ひっそりとしているが、倉庫や工場、ショップなどが入り、アングラ臭が漂いつつある。
さらに…、この高架下に、人が住んでいるのである!

nku28.jpg

高架下の外れに、一つしか電気がついておらず、昼でも真っ暗の一角がある。
その果てない暗闇に、意を決して突入してみた。
★高架なのに妙な生活感★

約150mは続くような真っ暗な通路には、民家の入り口もあった。
実際には表にある民家の裏口なのだが。
この通路も、倉庫の延長のような感じだった。
ところが…

nku29.jpg

出たところにあった、「お好み焼 縁」と矢印。
これは…
もしや今まで通ってきた暗闇の中に、お好み焼屋があるというのか?

nku30.jpg

表の家は、上を道路が通るが、横からは大阪の普通の長屋と大差ない。

nku31.jpg

なんと、「大淀区」の地名を書いたプレートが、まだ残っていた!
「大淀区」は平成元年に、北区と合併して消滅した。

nku32.jpg

独特で不気味なグラフィティ。

nku33.jpg

ここで絡まれても責任は持てない。
夜中過ぎたら不良の溜まり場になるのだろうか。

nku34.jpg

なんと、高架道路から降りるときに、この通路を通る。
両側には人が住んでいるのだ。

nku35.jpg

あの俳優、ショー・コスギの塾もなぜかある。
そういや最近、ケイン・コスギ見ないよな。

nku36.jpg

nku37.jpg

こうして見たら、商店街とあまり変わらないみたいだ。

nku38.jpg

nku39.jpg

高架下から道路に出るための通路。
やはり落書きはひどく、独特だ。

nku40.jpg


★人が住む所にお邪魔します★


nku41.jpg

倉庫や店ばかりをお見せしたが、今度は生活感が溢れる場所を歩く。
この写真でも、ベランダに洗濯物を干すという、生活の臭いを感じ取ることができるだろう。

nku42.jpg

まるで何か妖怪でもいるかのような、異様さを放っている。

nku43.jpg

高架に建物がめり込んでいる。
増築のためだろうが、どうやって…。

nku44.jpg

なんと、洗面所とトイレは外にあった。
住民の共同で使われているのだろうか?

nku45.jpg

と、言ってる間にも、淀川が見えてきた。
この通りも終了。
線路をひっきりなしに電車が通るのに、よく暮らせるよなぁと感心する。




nku46.jpg

さて、中津駅に戻ろうとすると…
ガード下の入り口のところに、謎の店があった。
ピエロハーバー」というが、この店のフリーダムっぷりが気に入ったので、
次回はここを突撃する。


今はまだ店が少ないが、ここが鶴橋駅みたいに、いろんな店が入ってきたら、アジアンな感じでさぞ賑やかなおもしろい空間になるだろう。今後の動きに期待だ。






より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。