上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 高松(14)-北浜alleyから路地裏を考えるホーム > 四国の路地裏 > 高松(14)-北浜alleyから路地裏を考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高松(14)-北浜alleyから路地裏を考える



高松の街中にある路地裏は前回までだ。
本当は高松にはその何倍もの路地裏が存在し、その一部をお送りしてきた。

では今回は?少し趣向を変えて、路地裏でもないのに「路地裏」を名乗っている場所だ。
その名は「北浜alley(アリー)」。
高松港にあった倉庫街を改装して作られた複合ショップで、若者向けのカフェや服、雑貨などの店が集まっている。
「瀬戸内海に面した路地裏の倉庫街」というコンセプトを標榜しているが、
そんな場所がなぜ「路地裏」を名乗っているのか、歩いてみよう。
takamatsu14b.jpg

倉庫と倉庫の間。灯りがともり、座れる場所があり
ある意味ここのメインストリートのようにも見える。
路地裏というには広すぎる。

takamatsu14c.jpg

古い建物に入る、新しい店。
倉庫の前に自転車が並ぶさまが、いかにも若者の街らしい。

takamatsu14d.jpg

ひっそりと、まるで隠れ家のように演出された店構え。
それが集まるさまを、路地裏と形容しているのか。

takamatsu14e.jpg

錆びたトタンからは、真新しくもレトロなインテリアが揃っている。

takamatsu14f.jpg

華やかな商店街やショッピングモールにあるような、大がかりで賑やかな店ではない。
そこが「路地裏」なのか。

takamatsu14g.jpg

しかし、それはこのサイトで取り上げてきた、細い路地「路地裏」の概念に当てはまらない。
北浜アリーが示す「路地裏」とは、路地裏的な店や人が集まるという意味なのだろうか。

takamatsu14h.jpg

高松駅に隣接する、タワービル型の複合施設「サンポート高松」は、高松の玄関口にあり、華やかなランドマーク的場所として位置付けられている。
そこには県内どころか県外からも人が集まっているので、中心繁華街のような位置づけ。
それに対し、北浜アリーは人が集まる場所から外れており、サンポートの裏にあたる。
繁華街にない独特の文化が集まっているので、その状態を「路地裏」と呼ぶところもあるという。

takamatsu14i.jpg

路地裏という言葉は、このサイトで紹介されるような、狭義の意味というより、「表に対して裏がある」という意味で使われることが多い。
「路地裏」という言葉で検索したら、「路地裏 : 心霊スポット情報・心霊スポット取材記・心霊写真など」「旧・路地裏音楽戦争」というサイトがトップに出てくるが、勿論このサイトのように路地を紹介しているわけではなく、表の華やかな場所に出てこないような文化を紹介しているといえる。


takamatsu14j.jpg

むしろ、路地裏という言葉は、「表に対する裏」という広義の意味で若者に覚えられているようである。
本物の路地裏という意味ではなく、「路地裏的」という意味で。
路地裏は見えない場所に次々と現れ、その間にも実物の路地裏が再開発やビルの建て替え、市街地の駐車場化で消えゆこうとしているのだ。

本物の路地裏は、人を誘い込み、迷わせ、思わぬ夢を見させ、時には安らぎを与え、時にはハプニングを呼び込む。
都市の醍醐味が詰まった場所なのだ。
架空の場所に現れた「路地裏」は、そんな都市の醍醐味を味わわせてくれる日が来るだろうか。


もっと「四国の路地裏」を探す>>>
メニューへ>>>
関連記事
スポンサーサイト
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/06/12 22:06 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/13 06:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/16 18:02 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/18 10:20 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/22 17:25 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/10 01:58 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/15 01:21 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/09/01 16:49 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/09/02 20:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。