上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 小倉(5)-新旦過飲食街ホーム > 九州の路地裏 > 小倉(5)-新旦過飲食街

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉(5)-新旦過飲食街



小倉の台所「旦過市場」といえば、古くからの市場の姿を現代に残す、とんでもない場所だ。

kokura05a.jpg

その裏側には、「新旦過飲食街」という路地裏街がある。
アーケードの脇を進んでいくと…
kokura05b.jpg

暗い屋根の下を抜けていくと…

kokura05c.jpg

まるで別世界のような、細い路地裏街に出る。

kokura05d.jpg

バーや居酒屋など、比較的若い人向けの店も目立つ。
古くからの庶民の台所「旦過市場」に比べ、ここは客層も新しい。

kokura05e.jpg

古い民家を、ホルモンの店にリノベーションしている。
折り畳み自転車があるということは、だいたい若い人向けだったりする。

kokura05f.jpg

生活感のある路地に、看板がせり出す。

kokura05g.jpg

変わった店もあるものだ。
バーのようだが、入り口に謎の凧が飾ってあったり、郵便受けが牛乳入れになっている。
人がいないのに「最後尾」とはこれいかに?


kokura05h.jpg

「UNITY」…。
夜になったら正体を現すだろう。

kokura05i.jpg

中華風の提灯が並ぶ、中華料理の店。

kokura05j.jpg

店の人たちが集まって寛ぐのだろうか
広場には机とイスが置いてある。

kokura05k.jpg

建物の下を通って、外に出ようとする。
若者向けの店のみならず、古くからのスナックや居酒屋もある。

kokura05l.jpg

屋根の下を通ったら、小さな稲荷神社があった。
小さいのに、やっぱり詰められるギリギリまで鳥居が重なっていた。

kokura05m.jpg

路地を出たところには、「小倉昭和館」という映画館があった。
2スクリーンあり、邦画、洋画、ミニシアター作品などが今日も上映されている、こじんまりとした映画館だ。
裏町の映画館。
こういう場所の周りに、普通の店には満足できない若者向けの、癖のある店がちらほらあったりするのだ。
映画館が新旦過飲食街を支える灯のようになっているのだろうか
今日も映画館には人が行き来する。


次の路地裏へ>>>
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。