上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 小倉(2)-京町から消えた路地裏ホーム > 九州の路地裏 > 小倉(2)-京町から消えた路地裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉(2)-京町から消えた路地裏



小倉駅周辺の路地裏歓楽街「京町」。
いかがわしいお店が並ぶ一角に、古くからの路地裏が「存在した」。

焼き鳥屋の脇を入っていくと…
kokura02b.jpg

古びた民家が並び、日の光が届きにくい路地裏があった。
お昼時に行ったら、古くから住むおばあさんが、猫をいじりながら歩き回っていた。

kokura02c.jpg

ロープから先は、取り壊しが決まっているのか、建物に限界がきているのか、立ち入り禁止になっていた。
電線が垂れ下がり、下手に歩けない。
(なぜかバイクが停まっているが)

kokura02d.jpg

差し迫った路地の終わりのときがきても、なぜか静かにいつもの時を刻んでいるようだった。
特に飾り付けも準備もしていない。
正月明けの空気が流れていた。

kokura02e.jpg

取り壊された建物から、街の色にないアバンギャルドな断面がのぞく。
何者かに見下ろされる感覚を含みつつの、謎の静けさだ。


kokura02f.jpg

それにもかかわらず、すりガラスの先では美容室が営業中だ。
いかがわしさの中に見た、蛍の光のような光景は、どこへ行ったのか。

kokura02g.jpg

路地裏の古老によれば、2012年の2月にこの路地の取り壊しが決まっていたらしい。
小倉では数少ない、迷い込んでしまったような場所、都市の謎が消えていった。


次の路地裏へ>>>

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。