上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 大須(5)-古着屋(?)の集まる路地裏ホーム > 東海の路地裏 > 大須(5)-古着屋(?)の集まる路地裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大須(5)-古着屋(?)の集まる路地裏



大須は言わずと知れた、名古屋の若者の街だ。
ただし、デフォルトは下町なので、昔ながらの建物に入るような形で、若者の街ができているので
両者のテイストが混在して、路地裏は特に面白いテイストになっている。

その実態はいかに…
ohsu05b.jpg

それにしても大須という街は、古着屋が多い。
(一見見分けがつかないので、断定できないが)
きらびやかな照明を浴びたファッションビルの店と違う、贔屓の店に通って、お気に入りの服を見つけるという、街的な服の買い方を今日も垣間見ることができる。

路地裏から服を探す人。
それを遠くから、まるで自分の店のように見守る近所のおじさんが。

ohsu05c.jpg

ウエスタンな感じのアクセサリー店。
しかし、移動手段はスーパーカブ!?

ohsu05d.jpg

店のホロが路地の半分を覆ってしまって、路地か店の敷地なのか区別があいまいになっている。
しかし、それだけに市場のような猥雑さも感じられるのだ。

その向かいの「仁王美容室」というのも、えもいわれぬ存在感を醸し出しているが。

ohsu05e.jpg

日本一安いと自称する店から始まる、大須での服さがしは、基本安いものを宝さがしするかのように探すのがスタイルなのだろうか。
お気に入りは大通りだけではない、路地裏に探しにいってこそ見つけられるものかもしれない。


次の路地裏へ>>>
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。