上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 宇都宮(2)-謎の倉庫の裏ホーム > 北関東の路地裏 > 宇都宮(2)-謎の倉庫の裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇都宮(2)-謎の倉庫の裏



バンバ通りと今小路通りに挟まれ、小川が流れているあたりは、細い道が密集している。
散歩コースにふさわしい川沿いから、ひとたび路地裏に入ると…
utsunomiya03b.jpg

町の裏手によくある住宅地の風景に、セレクトショップが現れたりする。

utsunomiya03c.jpg

道を挟んで先に進んでいくと、裏手らしくスナックやバーも現れる。
川沿いの延長か、この一角の裏手はおしゃれだ。

utsunomiya03d.jpg

音楽バーは裏手に向けて店を開いている。

utsunomiya03e.jpg

路地裏のレストラン。
横がちょうど駐車場になっているが、車が浮き上がって停まっているのを見ると
どこか不思議な気分になる。

utsunomiya03f.jpg

先を進むと、やけに高い壁に挟まれる。
石が積まれて、重厚な壁だ。その向こうはいったい何が。

utsunomiya03g.jpg

ようやく路地裏を抜けると、木材の「㈱シノザキ」という会社の前に出た。
ここは社屋からさらに長く建物が続いていた。
その正体は、木材を貯蔵するための倉庫で、明治時代の初期に建てられたものだという。
重厚な石は、大谷石という栃木特産の石で、防火の為に積まれたというのだ。
宇都宮で最も大きい材木庫だという。

路地裏からも街の歴史に迫ることができるのだ。


次の路地裏へ>>>
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。