上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 姫路(1)-お溝の裏手ホーム > 兵庫県の路地裏 > 姫路(1)-お溝の裏手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

姫路(1)-お溝の裏手



兵庫県の西部の中心都市「姫路」。
JR姫路駅から姫路城にビル街が建ち並び、繁華街が広がっている。
姫路の主な商店街は、「みゆき通り商店街」と「小溝商店街」で
この二つを中心に賑わっている。

himeji01b.jpg

その小溝商店街の脇に、怪しげな路地裏を発見した。
この細く曲がりくねった路地裏は
2004年に放送されたNHK月曜ドラマ『菊亭八百善の人びと』(宮尾登美子原作)のロケ地にもなった。
himeji01c.jpg

料理店の裏側にかくかくした通路が通る。
準備中の料理人が、食材を運ぶ姿が見える。

himeji01d.jpg

ドラマ『菊亭八百善の人びと』の舞台は、昭和20年末の東京が舞台になっているが、ここはその頃の東京・大森の歓楽街という設定でロケが組まれたという。

himeji01e.jpg

路地をくるりと曲がると、のれんを重ねた居酒屋が現れる。
騒がしい商店街と、まるで別天地だ。
日が暮れてきた頃には、その色がより濃く現れてくる。

himeji01f.jpg

洋食屋やそば屋など、大衆的な飲食店が、狭い路地に並ぶ。
台車を押していて、人とすれ違ったら、厄介かもしれない。

himeji01g.jpg

路地裏は短い。
出口は、整骨院と「プチ神戸」の間だ。

プチ神戸て…。
兵庫県第二の都市で、東の神戸に対し、西の姫路といわれる姫路は、神戸に対し対抗意識が強いという話を聞いたことがある。
しかし、対抗意識はきっと羨ましい、自分も欲しいことの裏返しにちがいない。
それが形となって現れたのが、プチ神戸かもしれない。


次の路地裏へ>>>
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。