上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 久留米(13)-ニュー道頓堀ホーム > 九州の路地裏 > 久留米(13)-ニュー道頓堀

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久留米(13)-ニュー道頓堀



久留米の路地裏、最後は「NEW道頓堀」だ。
それにしても、「新世界」といい、「道頓堀」といい、大阪の歓楽街の地名が多い。
近くの福岡ではなく、遠くの大阪に憧れを持っているのだろうか。
kurume13b.jpg

しかし、大阪の道頓堀のように、コテコテで派手な大阪という雰囲気ではないのは一目瞭然。

だが、何気に謎の店もある。
「いもBar」って、芋焼酎の専門店か、芋がたらふく食えるのか。

kurume13c.jpg

その隣のバーも怪しい。
入口には「安酒を飲むと心臓が止まる!」というトンデモ記事が貼られている。
おそらく「うちの店で、高い酒を安心して飲んでください」という魂胆だろうか。

kurume13d.jpg

ニュー道頓堀は、食べログに「古い歓楽街」と書かれていた。
おそらく誰の目から見ても、新しいなどとは思えないだろう。
70年代に現れた「ニューミュージック」は、とうに死後になってしまった。

kurume13e.jpg

「おばしゃん軍団」という名の居酒屋が。
大阪だったら「おばはん軍団」だろう。
おばしゃんは、九州での呼び方だ。
道頓堀という名前だけが表に掛かっているだけで、大阪らしさは感じないが
どこまで行っても九州なんだなぁ、としみじみ思うものだった。


その他の「福岡県の路地裏」を探す>>>
「道頓堀」の路地裏を探す>>>
メニューへ>>>


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。