上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 久留米(3)-あけぼの商店街ホーム > 九州の路地裏 > 久留米(3)-あけぼの商店街

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久留米(3)-あけぼの商店街



久留米の中心市街地「六ッ門」の脇には、「あけぼの商店街」という、U字型の狭い路地が存在する。

kurume03b.jpg

狭い場所に飲食店、バー、按摩店などが並び、表から隠れた中にも、裏町独特の活気がみられるのだ。
kurume03c.jpg

このまま「按摩」の看板を出していなければ、オーガニックな感じのカフェに見えたが
壁に人体のツボの図が描かれており、一発で按摩店のイメージに引き戻されてしまう。

kurume03d.jpg

「中華うどん」とはこれいかに?

kurume03e.jpg

「中華うどん」は久留米の名物らしい。
ラーメンの麺が、うどんの麺に置き換わったものだとか。

この地方の名を取った「筑後うどん」もあり、昔からごはんを食べるときの汁物として食べられてきたとか。

kurume03f.jpg

隠れ家のような喫茶店のようなお店。

kurume03g.jpg

「くるめ食の八十八ヶ所巡礼の旅」というイベントもやっているという。
久留米は、B級グルメの聖地(まち)として売り出しているとか。

kurume03h.jpg

藪の中から、突如熊が顔を出すかも…。

kurume03i.jpg

お水の店にしか見えないが、握り寿司の店らしい。


kurume03j.jpg

六ッ門商店街から見ると、こう見える。
アーケード街の別空間といった趣で、大きな商店街とは違った風情が、路地裏には流れているのだ。


次の路地裏へ>>>
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。