上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 久留米(2)-脇道アーケードホーム > 九州の路地裏 > 久留米(2)-脇道アーケード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久留米(2)-脇道アーケード



久留米の中心市街地といえば、「六ッ門(むつもん)」だ。
かつて、ダイエーと井筒屋という二つのデパートがあった立地から
ここが久留米の中心と言われている。

kurume02a.jpg

アーケード入口の横道から、この路地裏に入ることができる。
焼きそばの店の脇からは、天井の構造がむき出しの、謎のアーケードが現れる。
kurume02b.jpg

先に進むと、飲食店や美容室がシャッターの間でひっそり営業していた。
寂れた商店街の延長のように見えるが

kurume02c.jpg

裏通りとなると、雰囲気が変わってくる。
それにしても、通りの両サイドが「ソニックエステ」で占領されているのはこれいかに。

kurume02d.jpg

多くの客を取る大通り沿いの店ではなく、少なくてもリピーターがついて、長期的に利益が上がるような店が並んでいる。
脇道というだけあって、車は来ない。
ちょっとした車置き場になっていることもある。

kurume02e.jpg

市場のような通り。
早朝だけが賑やかなのだろうか。
箱を乗せた台車や、一軒だけ開いた八百屋があったりする。

ひっそりしているが、不思議と寂しい感じがしない。
あぁこんなもんだろう、裏通りって。
道が広くて立派な割に人がいない表通りの方が、かえって寂しくなるのだ。


次の路地裏へ>>>
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。