上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 久留米(1)-寂れた商店街の裏は路地裏天国ホーム > 九州の路地裏 > 久留米(1)-寂れた商店街の裏は路地裏天国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久留米(1)-寂れた商店街の裏は路地裏天国



路地裏ダイバーも、関西、関東をすっ飛ばして、一気に九州に降り立った。
普通は九州来たら、第一に福岡だろっ?って話だろうが、このサイトでは久留米の方がポイントが高い。
理由は、久留米は福岡県内で最も、味のある路地裏が多数ひしめいているからだ。
福岡や北九州もいいが、その前に久留米は見てほしい。

kurume01b.jpg

さて、久留米といえば、福岡県内で福岡市、北九州市に次ぐ第3の都市だ。
西鉄福岡駅から特急で30分ほどの西鉄久留米駅を降りたら、早速商店街があるが
福岡県第3の街(人口約30万人)とは思えないくらいの寂れっぷりだ。

kurume01c.jpg

だが、このサイトで紹介する路地裏と、街のにぎわいっぷりは、相関関係にはない。


商店街の脇の細い道を行けば、寂れていながらも、別の情緒を感じさせる街が広がっているのだ。


kurume01d.jpg

賑やかだった商店街に比べ、裏町の店が揃いも揃っている。

隠れた場所に合った佇まいで、お客さんをひっそり迎えてくれる。

「色、味、香りの最高トリオ!」何がだろう。

kurume01e.jpg

夜になったら、ぽつりぽつりと灯りが灯る場所なのだろう。
飲み屋街の雰囲気が漂う。
この雰囲気に心を許して、つい飲みすぎてしまうかもしれないが
「酒を少しく飲めば益多く 多く飲めば損多し」と
貝原益軒先生の言葉が、裾引き止める。

kurume01f.jpg

表通りは寂れているとはいえど、裏通りの店は営業しているところは多いようだ。
飲み屋や飲食店がひっそりと肩を並べている。
アーケードは、昔の雰囲気が漂う。

kurume01h.jpg

シャッターを下ろして、看板も外して、民家としての生活に帰っている家もある。

kurume01g.jpg

地方の商店街の宿命か、空地になりだしている場所もある。
そんなもの悲しさと、隠れるように建つ街の普通の生活の匂いが
僕等を速く流れ去る時間から、どんどん遠ざかっていく感覚にしてゆくのだ。


次の路地裏へ>>>
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。