上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 難波(2)-厨房への道ホーム > 大阪府の路地裏 > 難波(2)-厨房への道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

難波(2)-厨房への道



難波某所。
人が行き交う通りの真ん中、建物と建物の間のすき間に、路地とも抜け道ともいえる場所を見つけた。
奥に向かって、タイルが続いている。
進んでみよう。
namba02b.jpg

奥に進んでもなお、タイルの道は続いていく。
給湯器(?)の箱に書かれた落書きからして、私たちが普段うろつかない時間には
別の者どもの棲家となっているのだろうか。
無機質な天井灯だけが、床を照らす。
空調機のブーンという音が響き、娑婆から遠ざかっていく感覚を覚える。

namba02c.jpg

行き止まりに突き当たった。
ごみ箱や段ボール箱が重なり
その先は金網で仕切られていた。
関係者立ち入り禁止らしい。
大人しく引き返そう。

namba02d.jpg

引き返そうとすると、街は全く別の見え方をする。
昼なのに夜のような暗さ、レンガに似せた壁とパイプが横を覆っている。
曲がりくねって狭く、タイルになぜか水たまりができていた。
これもまた難波の別の表情だ。
近くて遠い無機質な道なのだ。


次の路地裏へ>>>


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。