上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 曾根崎(4)-お初天神の裏でホーム > 大阪府の路地裏 > 曾根崎(4)-お初天神の裏で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

曾根崎(4)-お初天神の裏で



梅田のビル街の谷間に、お初天神(露 天神社)という神社がある。
ここは、近松門左衛門の人形浄瑠璃、『曾根崎心中』のモデルになった実際の心中事件の舞台となった神社で、『曾根崎心中』のヒロイン「お初」の名前を取って、通称「お初天神」と呼ばれている。
実質、ここが曾根崎の中心地なのだ。

石が敷き詰められ、その間を参道が通り、厳かな雰囲気が流れている。

sonezaki04b.jpg

その裏では、路地裏がひしめいている。
神社の社務所の脇道すぐから、この路地裏に迷い込めるのだ。
しかも、居酒屋やバーが集まり、神社のすぐ隣は飲み屋というとんでもない立地になっている。
sonezaki04c.jpg

狭い路地に、居酒屋やバーが看板を突き出している。

sonezaki04d.jpg

若者が描いたような黒板も出ている。
この店に入るためには、さらに裏口に入らないといけないのだろうか。
どんどん潜り込んでいきたい路地裏趣味をくすぐる店だ。


sonezaki04e.jpg

入口に、街のような風景が描かれた会員制の店。


sonezaki04f.jpg

炭屋キッチン「やまや」という、のどかな田園風景が描かれた店。
この路地は自然を取り入れた店が多いようだ。

sonezaki04g.jpg

まぐろのあらゆる部位を使った料理の店か。
氷見の寒ブリや、白魚の踊り食いが楽しめる、市場のような店もある。

この路地はある意味、仲見世のようにバラエティーがあって、賑やかな飲食店が揃っている。


次の路地裏へ>>>

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。