上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 谷町(4)-未舗装の路地ホーム > 大阪府の路地裏 > 谷町(4)-未舗装の路地

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

谷町(4)-未舗装の路地



谷町4丁目は大阪でも数少ない、起伏に富んだ街だ。
小さな坂道をあちこちで見かけ、急な場所では階段になっていることもある。
今回はその裏手に回ってみよう。
場所は谷町6丁目から東。
tanimachi04b.jpg

谷町の民家の裏手。
人が行き来する場所とともに、自転車などが留め置かれている場所。

tanimachi04c.jpg

まっすぐ歩いているうちに、ほとんど舗装されていない場所に出た。
地下鉄も通り、スタイリッシュなオフィス街が近くにある一方で、このようなプリミティブな路地があるのは、都会ならでは。
(ちなみに、東京や福岡の都心でも、このような未舗装の路地を見たことがある)

tanimachi04d.jpg

この路地裏に玄関が面している建物を見かけなかった。
ここは表道ではないのだ。抜け道なのだ。
だから、人の流れも、置いてあるものの種類も違う(自転車やエアコンの室外機など)

tanimachi04e.jpg

前へ前へ進んでいくと、路地の先に宙に浮いた屋根瓦が現れた。
正確には、建物の一部をくりぬいて、路地の入口にした建物だ。

tanimachi04f.jpg

ちなみに、この脇道を見れば、アスファルトの中に、昔の石畳が残っているのが見える。
アスファルトがなかった時代は、未舗装か石畳のどちらかだったのだろうか。

tanimachi04g.jpg

長屋から表に出た。
昔ながらの下町の街並みだ。
昔は、このように、建物の脇を通り抜け、奥の区画に入っていくタイプの路地が多かったのだろうか。


次の路地裏へ>>>
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。