上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 谷町(2)-昭和のカフェバー、ポコペンホーム > 大阪府の路地裏 > 谷町(2)-昭和のカフェバー、ポコペン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

谷町(2)-昭和のカフェバー、ポコペン



谷町6丁目の奥にある路地は入り組んでいる。
谷町筋から一つ裏手にある、ギャラリーやカフェが点在する通りに、この路地裏は面している。
tanimachi02b.jpg

昔ながらの石畳が続き、民家の間を樹木が茂っている。

tanimachi02c.jpg

折れ曲がると自転車やバイクが駐輪してある。
奥にアパートが見えるが、それと合わせてこの路地に住む人の共用の駐輪スペースだろうか。

tanimachi02d.jpg

もちろん停めるにも配慮がされている。
それにしてもここ、「露地世話人」という人がいて、ある意味この通りで一つの町を作っているかのようだ。

tanimachi02e.jpg

近代的なアパート、レンガの壁、江戸時代からありそうな古民家、そしてマンションが建ちつつある。
さまざまな時代が入り混じったような風景。

tanimachi02f.jpg

奥にも石畳は続いている。

tanimachi02g.jpg

奥には手作りの靴の店と、カフェバーポコペンという謎の店が並んでいる。

tanimachi02h.jpg

この店、中に入ると古民家そのままの間取りに、赤の電球で彩られた怪しい室内に、レトロなインテリアが並ぶ、昭和アングラ的な空間があるのだ。
店主は演劇をしておられるそうで、この店でも公演が行われることがある。
大阪の中心の裏側にある谷町の路地は、サブカルチャーの舞台でもある。


次の路地裏へ>>>

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。