上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 沖島(2)-琵琶湖に人が住む島が?ホーム > ★枠外 > 沖島(2)-琵琶湖に人が住む島が?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖島(2)-琵琶湖に人が住む島が?

(沖島レポートの続編です。初めての方は、こちらからどうぞ。)

oks28.jpg

琵琶湖に浮かぶ、唯一の有人島・「沖島」。
その島は、滋賀県のどの場所とも違った姿をしていた!

湖沿いを歩く。
★湖沿いの風景★

oks29.jpg

島での主要な移動手段は、自転車だ。
自動車なんてない。

oks30.jpg

堤の向こうには、琵琶湖らしい、湖上に柵をした風景が。

oks31.jpg

道の行き止まりには、民宿が。
島には2軒の民宿が。

★奥津島神社★

oks32.jpg

港近くの農具置き場から、集落を見ると、奥に神社が。
「奥津島神社」といい、奈良時代から建っているという。
昔の人は、湖の真ん中に島というロケーションに、神秘性を感じ取っていたのだろう。

oks33.jpg

神社へ。
その途中で見たのは、
溝の蓋に、道路の案内表示板を使用している!!

oks34.jpg

神社の下。

oks35.jpg

階段の上から。
神社の周りに、建物がひしめき合っている。

oks36.jpg

oks37.jpg

小さいけれど、立派な建物はある。

oks38.jpg

法要を知らせるのぼりは、街のどこからでも目立つのか。

oks39.jpg

懐かしいような風景だ。


★迷路のような町中★

oks40.jpg

店は開いているのか、開いていないのかわからない。

oks41.jpg

家の前につくられている、洗面所や地蔵さん。
わざわざ外にあるのは、防災上の必要性か。

oks42.jpg

島の反対側。桟橋からは、比良山系が望める。

oks43.jpg

集落のひときわ目立つのは、お寺。
法要を行っている。
島はお寺を中心にまとまっているのか。

oks44.jpg

oks45.jpg

板の向こうに人が…。

oks46.jpg

路地には、子供がいることがある。

oks47.jpg

家の表に洗剤がずらりと、生活感があふれる。

oks48.jpg

湖沿いの畑。
発泡スチロールをプランターにしている。

oks49.jpg

農業に関する図だが、
家ひとつひとつが、苗字でなく、下の名前で書かれている。
苗字は少ししかないのか。

oks50.jpg

なぜか化粧品屋のポスターが。

oks51.jpg

ネコ…と思ったら、絵でした。


★看板のない店★

oks52.jpg

島には、看板を上げている店は1軒しかなく、
この写真も、窓をよく見たら、商品が見えるので、
看板はないけれど、ちゃんとした店なのである。

oks53.jpg

「何でも屋」らしい。
種や飲み物、お菓子…

oks54.jpg

乾物やインスタント食品、さらには
海の魚まで!
川の魚はいくらでも取れるので買わなくて済むが、海の魚だって島の人は食べたくなる。
そこで、海の魚を買うことになる。

oks55.jpg

お菓子や、子供が買う駄菓子、調味料など、なんでもあるのは、
人が450人しか住んでいない場所だからこそ、なんでも取り扱う店が一軒という業種でないと成り立たないのだ。

それよりも、島では物を買うという経済がないのだろう。
そして、島では魚を獲ったり、畑で野菜を作ったりと、自給自足でやっていけているので、その必要がない。
お年寄りが、「この島ではアホウでも暮らせるけど、若いもんは仕事がないからって出て行ってしまった」という。
たしかに、何もない、娯楽のない島である。
しかし、自給自足で暮らせるし、船で対岸まで行けば、近江八幡まで行けて不自由しないのなら、この島での暮らしは悪くないのかもしれない。

oks56.jpg

島から出る船に乗る。
島の人が外に行くために、船に乗ろうとしている。
入れ替わりに島に来る人と、出る人が会釈をかわしていく。
そんな日常の風景が今日も続いていく…。



より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。