上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 京橋(1)-さくら通りの怪しいタイルビル(前)ホーム > 大阪府の路地裏 > 京橋(1)-さくら通りの怪しいタイルビル(前)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京橋(1)-さくら通りの怪しいタイルビル(前)



グランシャトーのCM、「♪京橋はええとこだっせ グランシャトーがおまっせ」でおなじみの京橋は、大阪の中で特に場末感の強い場所としてみられている。
中華料理からキャバレーまであるレジャービル、「グランシャトー」を中心に、ネオンの輝くキャバレーや風俗店が軒を連ね、その存在感は、千日前に引けを取らないくらいだ。

kyobashi01b.jpg

そんな町の路地裏は、まさにディープという言葉が似合う。
僕は路地裏の見つけにくさやヤバさを「深度」で表しているが
その言葉をもっとも表している場所が、京橋の路地裏なのだ。

kyobashi01c.jpg

その第一弾は、「さくら通り」だ。
グランシャトーの通りの裏側にあり、水商売の店が密集しているので、京橋一ディープな場所である。
今回は、2回に分けてお送りする。
kyobashi01d.jpg

アーケードから外れて、細い道を進んでいくと、商店街にある飾りの中、立ち飲み屋や、焼肉屋、そしてエロビデオの試写室の看板が並んでいる。
しかし、ビデオ試写室の看板、年季入ってるなぁ。

kyobashi01e.jpg

さらに進むと、焼肉などの店が増えてくる。
周囲は水商売の店が並び…怪しげな雰囲気になってくる。
しかし、ここはまだ序の口。

kyobashi01f.jpg

本当にヤバいのは、この謎の建物を過ぎてからだ。
公会堂の緞帳のようなカラーリングのタイルが貼られ、非常に怪しげだ。

kyobashi01g.jpg

正面から見ると、昭和から生き残っている水商売かなにかの劇場のようなビルがその姿を現す。

もちろん、ここで風俗営業が行われている。
京橋ではこんなビルが当たり前のように生き残って、店として営業しているのだ。

それにしても、危険な臭いが漂ってくるが…まだまだ奥深く進む。


次の路地裏へ>>>


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。