上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 天満(1)-ここは闇市か?ホーム > 大阪府の路地裏 > 天満(1)-ここは闇市か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天満(1)-ここは闇市か?

temma01.jpg

日本一長いアーケード街を持つ、大阪市北区の「天神橋筋商店街」。
1~6丁目まであるアーケードのうち、4丁目付近に
JRの「天満」という駅がある。



この近辺は、天満駅北口から天満市場にかけて、縦横に狭い商店街が入り組み、賑やかな下町を形成している。
戦後には闇市が形成されていたこの路地では
現在でも闇市の面影を残していて、とても怪しいのだ。

大阪環状線を降りて、駅を出るとすぐ、「天満駅前北本通り」をはじめ、怪しい路地が次々に出てくるのだ。
temma01b.jpg

トタン屋根でできたアーケードには、店先に野菜を沢山並べた八百屋や、立ち飲みの屋台、店員が働いているように見えにくいゲームセンターが並び、謎めいている。

temma01c.jpg

食べ物を店先に出して売っているところに、自転車が通り過ぎる。
非常に商店街と生活の臭いが漂ってくる。

temma01d.jpg

通りを挟んで両側に並ぶのは、ペットフードの袋だ。
しかも大量に。
自分の店の敷地を超えて(?)商品を並べている。
商品の並べ方、置く場所、アーケードのほの暗さといい、日本ではない場所にいるかのようだ。

temma01e.jpg

八百屋の野菜だってこの通り。
まるで市場の延長線のようだ。
モノをそのまま並べ、なかなかワイルドだ。
しかし、天満の路地はこれだけでは終わらないのだ。


次の路地裏へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。