上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 栄(5)-西からくるものホーム > 東海の路地裏 > 栄(5)-西からくるもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

栄(5)-西からくるもの



名古屋も多くの人が集まる街なのか、外国料理の店も多い。
栄のプリンセス大通りの一角にある路地裏には、入り口にトルコ料理のケバブの店がある。
外国人客が店先に座って、ケバブとビールをつまんでいた。

外国の店がいくつかある路地。少し名古屋から遊離してみよう。
sakae05b.jpg

いかにも裏町といった光景。
店の裏側という裏側が集まっているが…

sakae05c.jpg

洋食屋やスペイン料理店が集まり、日本から遊離したような感覚の路地裏になっている。
ちなみに、小さな店の片方にある壁は
名古屋に本店をおく「札幌かに本家」である。

sakae05d.jpg

洋食屋、といっても日本に定着して久しい。
ハンバーグやビーフシチューという、日本の食卓でもおなじみの料理が出る、昔ながらの洋食屋だ。

sakae05e.jpg

大きなスペインの国旗が躍るのは、今はやりのスペインバル。
2階まである木造の建物が、ビルの底で窓明かりを放っている。

sakae05f.jpg

本格的なスペインのバルのような内装。
タパスとパエリヤや魚介料理が名古屋でないどこかへ連れて行く。

sakae05g.jpg

かと思えば、焼き鳥の店の前で、女の子たちが座ってお酒を飲んでいた。
全体的にこの路地裏の年齢層は若いようだ。

sakae05h.jpg


路地裏を曲がると、先にはもう一つの路地裏が現れた。
次回紹介する路地裏を合わせて、プリンセス大通りの東側から出発する2本の路地が十手のような形を取っているのだ。


次の路地裏へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。