上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 栄(4)-住吉小路ホーム > 東海の路地裏 > 栄(4)-住吉小路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

栄(4)-住吉小路



こぎれいなビルが立ち並ぶ繁華街「栄」に近い、夜の街「住吉町」。
風俗や飲み屋ビルなどが集まり、少し雰囲気が変わってくる。

sakae04b.jpg

その中でも趣の違う路地裏がある。
その名も「住吉小路」。
人がすれ違うのも困難なくらい細い路地裏なのだ。
sakae04c.jpg

住吉小路のゲートをくぐると、飲み屋の壁に挟まれた道が現れる。
やや遠くに、看板が集まっている。

sakae04d.jpg

しばらく行くと、イギリスの民家のようなティンバーと白い窓の店が現れる。
部分的にヨーロッパの路地裏のようだ。

sakae04e.jpg

つたが絡まり、入り口の扉は赤く、ますます異国のよう。
お店が開いていないことが惜しいが…

sakae04f.jpg

その先は居酒屋。
店の外で席が空くのを待っている光景。
椅子があるけれど座らず待つ。

sakae04g.jpg

奥に進むと「城」という名の割烹が現れる。
もちろん「城」とは、名古屋城のことだ。
城というより、要塞のような空間なのだが。

sakae04h.jpg

ここで行き止まりだ。
しかし、行き止まりには謎の空間があった。

まず、看板が上がっていない。
そして、店の仕切りがスダレと網戸で仕切られ
民家のような居酒屋のような店になっている。

…入ってもいいんだろうか。

奥に行くにつれて、謎めいてくるのが住吉小路だ。

次の路地裏へ>>>





より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。