上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 栄(2)-表の街との激しいギャップホーム > 東海の路地裏 > 栄(2)-表の街との激しいギャップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

栄(2)-表の街との激しいギャップ



名古屋一の繁華街「栄」は、機能的できれいなイメージがある。
繁華街の中まで縦横に道路が走り、広い広い久屋大通が走り、整然と整備されたこの街は
街中まで車社会という名古屋の姿を現しているかのようだ。

しかし、それは表向きの顔。
名古屋には円頓寺のような昔ながらの商店街や、大須のような雑然とした街もあるので、一概に「巨大なショッピングモールのような街」とは言うには無理がある。

整然と整備された「栄」でさえも、裏通りは人間臭い。
sakae02b.jpg

のれんがぶら下がる、昔ながらの食堂のような料理店
「餃子なら夜来香」と食欲のわく看板が並び、夕暮れの空いた腹が異様に反応してしまう。

sakae02c.jpg

お好み焼き屋や赤提灯、280円均一飲み屋がこれまた、こっちへ来いと誘ってくる。

sakae02d.jpg

中華そばの店。
行列を待つ客のためのいすに腰掛けてみたくなる。
早く食べたいが、座って路地裏の雰囲気に浸ってみるのもよい。

sakae02e.jpg

それにしても低価格の居酒屋が多い。
おっさん(僕も含む)が好きそうなのれん付の立ち飲み屋とかないのか。
…と言っている間に、路地裏の端っこの駐車場に出てしまう。

sakae02f.jpg

路地裏で見つけた、店の案内板。
一見タウン誌の広告ページのように見えるが、碁盤の目状の街の店が載っている。
手書きと独特な色、細部まで書かれた文字が、なんともいえない味わいを醸し出している。
下町のにおいだ。
入れ替わりの激しい(?)この街で、案内板は生き残っているのだろうか。


次の路地裏へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。