上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 津(4)-海の家から空き地へホーム > 東海の路地裏 > 津(4)-海の家から空き地へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

津(4)-海の家から空き地へ



津の中心市街地の裏手には、細くて長い路地がいくつも通っている。
そこには街中に住む人々の生活が垣間見れ、時にあっと驚く風景が現れることがある。

まず、この路地の入口が変わっている。

海の家風の沖縄料理の店なのだ。
「沖縄屋台 TI-DA」といって、賑やかにビールや泡盛を飲んでいそうな感覚の店だが
その奥は…
tsu04b.jpg

うって変って、落ち着いたたたずまいの、日本料理の店がすぐさま現れた。
ふぐ料理の店なので、こちらも鍋を囲んで箸をつつく、団らんがありそうだが
敷居の高さは上がる。

tsu04c.jpg

新しい路面のストリートにぶつかる。
表の街はこぎれいにされているものの

tsu04d.jpg

裏ぶられた、集合住宅の裏の壁や非常階段。空地。
裏という裏が集まってできた路地裏は、独特の生活空間を形作っている。

空地の方を見てみると…

tsu04e.jpg

囲いの中の草ボウボウの向こうに、アーケード街の中が見える。
人が少なくなってしまった「だいたてアーケード」から、櫛の歯が欠けてしまったように見える。

草が生えて、自然に帰るのかと思えはしない。
ただ荒れるに任せているだけ。
新たに土地に何かが建つのを待つしかない。

そのもの悲しさが、路地裏からも垣間見える。

tsu04f.jpg

板で仕切られた、壁のような道を進む。
普通の住宅地の裏のような風景もあれば、アーケードの中が映ったり、実に多様な空間があるのだ。


次の路地裏へ>>>





より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。