上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 津(2)-大門商店街(北)ホーム > 東海の路地裏 > 津(2)-大門商店街(北)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

津(2)-大門商店街(北)

tsu02a.jpg

前回の記事で、津の中心街に怪しげなビルがあるという記事を書いた。
しかし、その正体は、商店街だったのだ。

ご覧のように立派な入り口があり、商店街としか思えない。
tsu02b.jpg

立派なアーケードもあり、店が並んでおり、どこからどう見ても商店街なのだ。
しかし、通りにはほとんど人が歩いていない。
その代わり、夜になると人が増えてくるのだが。

tsu02c.jpg

ここのどこがヤヴァイの?と思われる方。
入り口から建物に入ってみればわかる。

のっけから何もない廊下に、「路」と書かれた看板が現れる。


tsu02d.jpg

角を曲がれば、看板の正体がわかる。
そう、スナックの看板だったのだ。
それに呼応して、いくつも飲み屋が現れてくるのだ。

tsu02e.jpg

ここが大門商店街、専門店街のメインストリートだ。
謎の立ち入り禁止テープが張られていたり、薄暗い中に明かりのつかない看板が並び、怪しさ満載である。

tsu02f.jpg

赤提灯の立ち飲み屋も、夕方を過ぎた頃には、すっかり人が多く訪れ、灯りがたくさんともるだろう。

tsu02g.jpg

真新しいものは少なく、昭和の時代から残っているような風景。
夜の店ばかりの怪しいビルではあるが…


tsu02h.jpg

そのまま歩いたら、商店街と思えないような外観の建物だった。
夜の店の上には、黒くくすんだ建物の間では、白い下着を干そうとしている物干し。
生活感の激しい光景だ。


tsu02i.jpg

なお、2階に上がってみると、一軒一軒が独立して、生活感のある住居の部分となっているのだ。

tsu02j.jpg

このビルを中心として、「津の夜呑み処、美味い処マップ」と書かれている。
とはいえ、字体などからして、昭和50年代のように思える。
すっかりナリをひそめてしまった商店街、色あせて1軒も店がないように見えるこの地図も
公園の隅っこでたたずんでいた…。


次の路地裏へ>>>


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/11/13 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。