上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > トアウェスト(1)-裏手と若者の街ホーム > 兵庫県の路地裏 > トアウェスト(1)-裏手と若者の街

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トアウェスト(1)-裏手と若者の街



トアウェスト」って、いきなりアメリカにでも飛んだか?と思われるタイトルだが、紛れもなく神戸である。

神戸には山手(北)から浜手(南)に伸びる道がいくつかあり、そのうち元町と三宮の中間にある道を
トアロード」(TOR ROAD)という。
その西側の路地が入り乱れた地域を「トアウェスト」と呼び、路地裏の店には神戸の若者たちによる店が多く集まっている、神戸のトレンドを作り出す地域といわれている。

トアウェストは西側にある「鯉川筋」(写真)という道まで続いている。
トアウェストの路地裏に入り込んでみよう。
shinkaichi07b.jpg

一見どこにでもありそうな細い路地。真っ直ぐ歩けば…

shinkaichi07c.jpg

何の変哲もない雑居ビル。しかし看板をよく見ると
デザイン系の若者が好みそうなさびついた板にシンプルなアルファベットだけの看板が見られる。
そう、そこから若者エリアに入った。

shinkaichi07d.jpg

料理屋の裏口から。

shinkaichi07e.jpg

まっすぐ歩けば、雑居ビルとレンガの喫茶店が融合したような昔ながらの喫茶店もある。

shinkaichi07f.jpg

若者の街だが、石造りの壁といった内装が渋い。
いや、ここ最近は若者がこうした昔ながらの渋い店を再評価しているという。
レトロブーム」だ。

shinkaichi07g.jpg

かと思えば、壁を覆わんばかりのグラフィティが、何かありげに壁に染み付いている。
なぜかこの壁には、いつも人がいる。

shinkaichi07h.jpg

昔ながらの商店を割って、若者向けの店が入る。

shinkaichi07i.jpg

路地はまだ続く。
何の変哲もない裏路地に、存在感を示すように、手書きの黒板が店に立つ。

shinkaichi07j.jpg

古びたコンクリートのアパートの表札。
入口の上に立つのは、白黒のアルファベット看板。

shinkaichi07k.jpg

真新しい壁に、日本料理店のような提灯が灯る。
路地裏は若者たちの遊びの舞台のようだ。


次の路地裏へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。