上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 肥後橋(4)-高い木と石畳の路地裏ホーム > 大阪府の路地裏 > 肥後橋(4)-高い木と石畳の路地裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

肥後橋(4)-高い木と石畳の路地裏



土佐堀通というオフィス街の裏手にある路地。
すっかり商店と住宅街が混在する地域なので、入口にはちょっとした公園のようになっている。
shinmachi08b.jpg

小さな子供がいるのか、小さな滑り台やブランコが道の脇に置いてある。
ここは車も入れないほど狭い。
心置きなく子供達は遊んでいるのだろう。

shinmachi08c.jpg

その先は真ん中に石畳が続く道が現れる。
石畳といっても、溝のフタのようなものだけど、ブロックよりは味があるではないか。

shinmachi08d.jpg

一旦狭くなった道を進むと、道がまた広くなる。
その先は路上の端にバイクや自転車が停まっている。
きっとここは地元の人たちが決めた駐輪の場になっているのだろう。

shinmachi08e.jpg

ツタの絡まる、そば屋のような店。

shinmachi08f.jpg

なお、この路地の裏手は…パズルのピースが欠けたように民家がなくなっていた。
路地の複雑さは、建物が立て込み、全体が見えないことに魅力があるのに。

shinmachi08g.jpg

大阪の街中によくある民家と少しの商店が混じった家並み。

shinmachi08h.jpg

讃岐うどんの店が路地の端っこにある。
地元色が強そうな路地ではあるが、ここばかりは近くのオフィス街からの人が止むことはないだろう。

shinmachi08i.jpg

大阪によくみられる木の民家と観葉植物。

shinmachi08j.jpg

うどん屋の角を90度曲がると、その先に一本だけ高い木が見えてくる。
ご神木だろうか。

shinmachi08k.jpg

やはりご神木だった。
大きな木の下は、小さな神社となっており、石畳が敷き詰められ、石の長いすが置かれていた。
竹ほうきが2本。きっと地元の人がこのほこらの前を毎日掃き清めているのだろう。
路地一本に、古き良き日本のご近所を見たような気がした。

メニューへ>>>
もっと「大阪府の路地裏」を見る>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。