上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 祇園(7)-祇園東急109ホーム > 京都府の路地裏 > 祇園(7)-祇園東急109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

祇園(7)-祇園東急109



祇園の四条通沿いにある路地裏シリーズ、第4弾。

商店街を普通に歩いていると気づきにくい、下手すれば勝手口の入り口にしか見えない。
そんな路地裏。自転車が入れないくらい狭い。
gion07b.jpg

人っ子一人入れる程度の狭さの路地を入ると、両脇には店はない。
店はなくて、コンクリートの壁が両サイドに立ちはだかっている。

不思議なのは、足元に石畳
人がほとんど通らなさそうな通りなのに、人が通る場所のシンボル石畳が、ご丁寧に敷き詰めてある。


gion07c.jpg

ほとんど店の裏手の趣きのあるこの路地に、違和感のあるものを発見する。
壁に沿ってミミズのように這い、屋根に向かって伸びている謎のパイプが…

gion07d.jpg

壁を伝ってずっと続いている。

路地は再び建物の下を通っていくが、なおパイプは続いている。

エアダクトのように堅牢ではなく、叩いたら割れそうな脆いパイプが、宙に浮かんで続いている。

gion07e.jpg

その先は、スナックやキャバレーが集まるような雑居ビルが現れる。

床の放射状のタイルが、飲み屋街独特のいかがわしさを匂わせる。


gion07f.jpg

雑居ビルなので、脇に階段がある。

それにしても、路地裏からビルに入って、この階段を見ると、路地裏の一部のように見える。
どこか上の階に上がりにくい感覚がないだろうか。

これが雑居ビルで飲んでいたら、上の階に移動するという当たり前のことは違和感は起こらないだろう。

gion07g.jpg

階段をスルーして、まっすぐ路地裏の延長をゆくと、雑居ビルの出口が見えてきた。

天井が反射して床が写っていたり、柱が大理石だったり、壁だけの路地裏とは180度趣きが違う。

gion07h.jpg

表に出ると、いかにも飲み屋街にありそうな雑居ビルの姿が見える。
このビルのある光景を見て、京都だと思えるかい?
しかも、ビルの名前は「祇園東急109」だ。
東京資本のファッションビルのような名前が、ますますここがどこかわからなくなっている。

辛うじてここが、祇園だとわかる。

なお、2011年の4月、東京・渋谷のファッションビル、「109」が、大阪・阿倍野に「SHIBUYA 109 ABENO」を出店し、初の関西進出を果たした。
しかし、この祇園東急109は、「渋谷109阿倍野」より前に祇園にあった。
これが関西初進出ではない…らしい。


次の路地裏へ>>>





より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://againstars.blog20.fc2.com/tb.php/417-a010208c

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/03(木) 19:11:55.15 ID:uzgjSFra0 ?PLT(12222) ポイント特典http://suumo.jp/journal/2012/05/03/16366/?vos=nsuusbsp20111206001「賃貸の部屋...
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。