上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 道頓堀(2)-濃口人情横丁ホーム > 大阪府の路地裏 > 道頓堀(2)-濃口人情横丁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

道頓堀(2)-濃口人情横丁



前回、千日前筋と相合橋筋の間にある「ちょうちん横丁」を紹介した。
雑然としていて、いかにも「大阪らしい」と言われそうな路地裏だった。

そこからさらに裏に入った路地裏の名は、「濃口人情横丁」。
いかにも「浪花節」を謳うこの横丁は、本当に泥臭いまでの人情にあふれているのか。

千日前通の北側にあるこのH字型の通りは、ラーメン屋と風俗店から始まる。

doutonbori02b.jpg

エステとヘルス。それ以外は店が少なく、少し危なげだ。
そこから横道に入ろう。

doutonbori02c.jpg

またも風俗店。その間に寿司屋がある。
何食わぬ顔で、我冠せずを決め込みつつ、両者が並び立っている。

doutonbori02d.jpg

道の突き当たりには、立ち飲みの店が。
ぼちぼちのれんも並びだし、人情くさい雰囲気が流れてくる。

doutonbori02e.jpg

ビニールシートの向こうに、カウンターがぼんやり見える。
立ち飲み…と思ったら、立ち食い寿司らしい。

doutonbori02f.jpg

「まぼろし探亭」という、4,5人が入れば店はぎゅうぎゅうになってしまうくらいの狭さのバー。
この路地の夜は、外に向かって笑い声や歓声があふれていることだろう。
狭く、外に開けたこの路地は、あたかも店同士の壁が少ないようにも見え、歩いているだけで楽しくなりそうだ。


次の路地裏へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。