上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 日本橋人形町(11)-大観音寺の裏は懐石料理の店が並ぶホーム > 東京都の路地裏 > 日本橋人形町(11)-大観音寺の裏は懐石料理の店が並ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本橋人形町(11)-大観音寺の裏は懐石料理の店が並ぶ



日本橋といえば、細い路地に一軒の老舗の店がぽつんと佇んでいる光景がよくある。

今回紹介する路地は、日本橋の中でも特異かもしれない。

人形町にある「大観音寺」(おおがんのんじ)の脇の路地には、懐石料理の店が並び、江戸の昔のような落ち着いた佇まいとなっている。

nihonbashi11b.jpg

大観音寺の脇を進むと、植木が道の脇に茂っている。
木の陰から見えるのは、料亭や割烹の看板や生垣だ。
ずいぶんと涼しそうな風景ではないか。

nihonbashi11c.jpg

植木の透き間から、料亭への入口。
奥から灯りが漏れている。

nihonbashi11d.jpg

夏なら木桶と柄杓片手に、打ち水をする和服の女性がいそうな風景。
ビルの谷間になっても、こうした都市の景観が残っている。

nihonbashi11e.jpg

二階の縁側。その下の欄間。木に文字が書かれた看板と、昔ながらの料亭のつくり。

nihonbashi11f.jpg

さらに細い脇道にも、懐石料理でもてなす料理店が並んでいたりする。

nihonbashi11g.jpg

そんな風流な道も、ビルとビルの間の細い道に入って、終わってしまう。
いや、途切れただけだ。

nihonbashi11h.jpg

一旦途切れて、また植木の間に暖簾がかかった入口が現れる。
飽きさせない造りの路地裏だ。


次へ>>>>





より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。