上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 日本橋堀留町(6)-関西風うどん?ホーム > 東京都の路地裏 > 日本橋堀留町(6)-関西風うどん?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本橋堀留町(6)-関西風うどん?



東京には全国から人が集まっている。地方のご当地料理も集まっている。

東京でうどんを食べようと思ったら、関東を代表するうどんチェーン店「山田うどん」に代表されるような、醤油味の濃い、そばつゆのような黒いつゆのうどんが出てくる。
僕は西日本の出身なので、ダシをベースにした醤油のうすい関西風のうどんが食べたいものだが、地方の人間が行き交う街になればなるほど、東京で黒くないうどんを食べる店が増えてきていることは、なんだか嬉しい。
nihonbashi04c.jpg

日本橋の堀留町にある路地裏にも、そんな店がある。
東京のビル街の谷底のような、昼の休憩時間に人が増えそうな店とオフィスが並ぶ路地に
「風神亭」という店がある。

この店は、東日本では珍しい、関西風の薄味だしのうどんが出る店の一つだ。

nihonbashi04b.jpg

その看板が、東京とは思えない文言が書かれたものだった。
「うどんしか ないけんど こらえてや!」

言うまでも無く、「うどんしかないけど、我慢してね!」という意味の方言。
関西風かと思っていたら、この「~けんど」というのを見て、関西人は「この文章は関西弁じゃない」と気づく。
調べてみたら、四国の方言の言い回しだそう。

では、うどんも四国の讃岐うどんなのだろうか。
改めて看板を見ると、「セルフ・テイクアウト 250円」とある。
香川のうどんは、うどん屋で自分で麺を取って、ゆがいて、レジで精算するというスタイルが一般的で、この「セルフ」こそ讃岐スタイルなのだ。
また、「おにぎり・いなり 100円」も、うどんと一緒に食べるサイドメニューとしてはポピュラーだ。
各種トッピング(ちくわやゲソの天ぷらや卵など)が30円はかなり安い。

看板を見て、これは讃岐うどんのスタイルだ!と気がつく。

しかし、関西風に慣れた関西の人も、味は満足いくことだろう。


次へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。