上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 神戸元町(3)-風月堂王国?ホーム > 兵庫県の路地裏 > 神戸元町(3)-風月堂王国?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神戸元町(3)-風月堂王国?



この路地は神戸元町のエッセンスを凝縮したような路地だ。
和洋中、あらゆる美味いところをつまみ食いできる。


元町商店街から栄町通にかけて通る道をゆく。
元町からは、古くからのハサミの店、「切味乃家」の脇から入る。

motomachi03b.jpg

早速見えたのは、「神戸風月堂 茶寮」。
そう。ここが「ゴーフル」で有名な風月堂の本店なのだ。
本店の1階は和風の喫茶店「茶寮」、2階は日替わりランチやパーティールームもある「レストラン」となっている。
もちろん、菓子売り場もあるが、これは表通りの元町商店街にある。

motomachi03c.jpg

その向かいには、洋館のようなスイーツカフェ「レスポワール サ・ソ・ボン」。
風月堂に「レスポワール」というクッキーがあるが、やはり「サ・ソ・ボン」も風月堂プロデュースの店なのだ。

この周辺は風月堂王国かと思えるくらいの一角。

motomachi03d.jpg

そこから先に進むと、すぐ庶民的な店が多くなる。
中華料理の「華楽園」が現れる。
すぐ近くに中華街があり、観光客はそこに食べに行くことがコースとして頭に入っているようだが
その周辺にも中華料理店が散らばっており、地元の人はそこで食べた方が美味しいというのが常識らしい。
この店は「ハズレを引いた後にお口直しに行く」位置づけに見られているそうだ。


motomachi03e.jpg

少し広い通りを過ぎたら、道幅はさらに狭くなる。
車が停まっていて、生活の匂いがする。

motomachi03f.jpg

どこの街にもありそうな裏手の風景なのか。
ホルモンの店「うちわ」とその隣は「蔵すし」

motomachi03g.jpg

外に座りながら待つ。
人ごみから隠れたこの空間は趣きが違う。

motomachi03h.jpg

かき氷の店ではないのに「氷」と書かれている。
「江口商事」という石油や灯油、ガスや氷を扱う商社だとか。
なるほど、一見涼しげだねぇ。

motomachi03i.jpg

この路地を出ると、栄町通に出る。
オフィスビルが並び、休日は比較的静かなビジネス街といわれる。
明治時代や昭和にかけて、神戸随一の金融街といわれた場所だという。


次へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。