上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 堂山町(6)-謎の和風建築の正体「本陣」ホーム > 大阪府の路地裏 > 堂山町(6)-謎の和風建築の正体「本陣」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

堂山町(6)-謎の和風建築の正体「本陣」



前々回、堂山町の路地裏に、謎の和風建築物があるとお送りした。
今回はその建物を中心にした路地に迫りたいと思う。

その正体は…「本陣」?

douyama07b.jpg

あたかも堅固な城のような外観の入口は
あたかも料亭のような落ち着いた佇まい。
格子模様のなまこ壁風の壁が覆い、料亭かと思いきや…焼肉屋だ。

douyama07c.jpg

その周りは日本建築の壁を模していながらも、通気口がいたるところに付き、焼肉のにおいを全力で吐出ししているようだった。
その周りは寿司屋など、昔の日本を思い出させるような路地だ。
路地で輝く「DVD」の看板の先は…

douyama07d.jpg

エロビデ屋に続く細く短い路地。
なにかと怪しいこの路地、さらに怪しいものが続く。

douyama07e.jpg

中東の水タバコが窓枠に置かれたアラブ風の店。
文字がアラブ風だが、アルファベット風に読んで「Destine」という店名。
水タバコが吸える、カフェバーらしい。

douyama07f.jpg

先の「本陣」は広い。
路地裏の端っこに搬入口があった。
路地裏は表口でありながら、裏口でもあるという見え方なのだろうか
お客さんに見せられない場所が、お客様を迎える道のすぐ先にある。
矛盾と不可解さを含んだ空間だということを味わわせてくれる。


次へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。