上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 再び「民宿」の時代だ。ホーム > 安宿・バックパッカー > 再び「民宿」の時代だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

再び「民宿」の時代だ。

旅行に行ったら、どんなにお金を節約したプランを立てたとしても、
一番お金がかかるのは、宿泊費のはずだ。

僕は大抵バイクか鈍行列車・高速バスで旅をする。
今までだったら、泊まる場所は、地方都市のシティホテル(大体4、5千円、ベッドのみ)か、ユースホステル(3,4千円、相部屋、談話室あり)か、カプセルホテル、サウナあたりに泊まってきた。


しかし、それでも高い。ただ布団に横になって雨と寒さをしのぐだけで、その値段は高い。
しかもなんか味気ない。ユースホステルは場所ごとに味があるし、談話室で知らなかった旅人と話をして交流が生まれるなんてこともあるので別だが、シティホテルなんてたいてい狭い部屋にシングルベッドいっこで、最低限のつくりになっていて小奇麗で、味気ない。

かといって、温泉旅館や一流ホテルは、くつろげるしサービスもいい、旅に来たなぁ、という感じは味わえるが、やはり値が張る。
逆にネットカフェは落ち着けないし、高速バスは時間も有効に使えるけど熟睡できない。

ところが…
最近は、安くて楽しいくつろげる宿も増えてきた。


たとえば、民宿だ。
価格帯はピンキリだが、2,3千円台の宿も多い。
和室がほとんどだが、たいてい結構広い部屋である。
設備やボロさは、値段相応にボロく、不満のあるところも多いが、雨露をしのぐには充分な値段だ。
また、値段は安いが、部屋は広く、手入れされていて、設備も風呂もあり、風情のある宿もある。
(例:三重県・紀伊長島にあるA旅館は、素泊まり3500円で、8畳の広さ、きれいな浴室もあるし、浴衣や衣文掛け急須など旅館ムードを盛り上げる小道具も充実している。4200円で朝食つき。部屋まで運んでくれる。)
じゃらんや楽天で予約はあまりしてない。「○○(宿泊する地) 民宿」で検索して、一軒一軒ずつサイトを見て値段を確認しよう。
民宿は、あらゆる場所にあり、大抵の田舎にある。あまりネットなどでPRしてないせいか、平日にその日に電話予約しても、泊まれることもある。



他にも、バイクライダーが多く集まる「ライダーハウス
なんと無料のところから2,3千円までが相場。
談話室があって、そこで毎日のように酒盛りや情報交換をやってたり、イベントをやったりして、賑やかな宿だ。北海道や阿蘇に多い。

ゲストハウス」は、外国人向けの宿だが、日本人ももちろん泊まれる。
2千円クラス。談話室もネットもある。2段ベッド相部屋がほとんど。
英語が話せて、外国人と接したければ楽しいだろう。京都や沖縄に多い。

元は日雇い労働者が身を寄せるための宿なので、敬遠されがちな「ドヤ」もある。これは東京の山谷、横浜の寿町、大阪の釜ヶ崎など、ドヤ街・寄せ場と呼ばれる、日雇い労働者が集まるガラの悪い場所に集中する。
価格は5百円から2千5百円まである。安いが、設備はあまり良くないし、周辺のガラも悪いので安全性の保障はしない。


最後に、安宿関連のリンクを載せておく。
・「ライダーハウス口コミ情報」(http://www.hatinosu.net/house/)
・「都道府県別案内健康ランド/サウナカプセルホテル/安宿 」(http://www4.ocn.ne.jp/~koshigoe/kenko/map.html)
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。