上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 堂山町(4)-謎の和風建築ホーム > 大阪府の路地裏 > 堂山町(4)-謎の和風建築

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

堂山町(4)-謎の和風建築



大阪・キタの歓楽街、堂山町は雑多な飲み屋街だ。
阪急資本を筆頭に、百貨店や大型書店が軒を連ねる梅田駅周辺と地下街でつながっているとはいえ、かなり様相が違う。

その一角が、今回の路地裏に反映されているといってもいいくらいだ。

douyama04b.jpg

路地に入ると、「幸福飯店」(ハッピー飯店)という本格的な中華料理の店が現れる。
中を見ると、若い店員が人民服のような服を着ていたり、大連ビールがあったり、さらにカエルのから揚げが食べられるという、なかなか奥深い店だ。

douyama04c.jpg

自転車が行く手を阻むような路地を進んでいけば…

douyama04d.jpg

くすんだ和風建築から黄色い灯りが漏れているのが見える。
不規則に並んだ窓や部屋。真新しいパイプがつながった建物は
フランケンのように見えて、どこか不気味だ。

douyama04e.jpg

明り取りの窓や雨戸付きの窓、大小さまざまな形の窓から、怪しい光が漏れている。
駐車場の向こうだ。

douyama04f.jpg

そこをL字形に曲がると、ラブホテルに囲まれていることがわかる。

douyama04g.jpg

停めていた自転車を取りに来た男の人。
路地裏自体の存在感よりも、遠くに見える、古くヒビが入った謎の建物が気になってしょうがない。
危なげで怪しげでとにかく存在感のあるあの建物の正体は、後々明らかになる。

次へ>>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。