上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

浅草(2)



「浅草新仲見世商店街」の脇に、H型の路地裏がある。
夜、人通りが少なくなってきた路地裏を歩いてみると…


asakusa02b.jpg

奥へ進んでいくと、夜の闇が夕方の怪しい光を包んでしまおうとしているような、日常の街の姿があった。

asakusa02c.jpg

スナックの軒下には、撮影したのが5月だからか、こいのぼりがかかっている。
ここのママさんはどのような人柄の人なのだろうかとあれこれ想像を巡らせてしまう。

asakusa02d.jpg

道が行き止まりだ。
空を見上げれば…
「天丼のうまい店」。

商売っ気がありすぎて、逆にニヤけてくる。

asakusa02e.jpg

昼はどの程度人がいるのかは知らないが、天丼屋の広告や自動販売機があったりと、人の多さをうかがわせる。
それにしては、観葉植物が壁を覆い、店の裏のようなよくある路地裏の風景が佇んでいる。

asakusa02f.jpg

夜10時、店の営業終了時間だろう。
店の主人が外に出ようとしていた。
さすがに客がいないこの時間。戸を開けっ放して、店の素肌を見せたような感覚だ。

asakusa02g.jpg

「コットン」という船室の扉を意識したような入口のバー。
隠れ家のような店もあり、観光地の人ごみから隠れられそうな予感。

asakusa02h.jpg

さて、新仲見世商店街に戻ろう…
とすると、ゴミ袋から何かを漁るホームレスのおじさんが。
夜10時。この時間なら日常の世界では見ないような人がいてもおかしくないのかもしれない。


次へ>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。