上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

心斎橋(8)



大阪で人が一番多く行き交う場所は?
…と聞かれたら、多くの大阪人は心斎橋商店街と答えるだろう。
週末の心斎橋は、人が多くて歩くのが難しいほど人にあふれている。

しかし、少しでも裏手に入ると、人は多くなくなり、静かな路地裏が現れてくる。
そこは抜け道になっていたり、飲み屋やよくわからない店、誰かが座って話をしていたり、街のもう一つの姿が鮮明に映っていたりする。

心斎橋商店街を一つ裏に入っただけのこの通り、残念ながら片側は昔の建物がなくなり、新たな建物ができようとしているが、それでも路地裏の魅力は衰えようとしない。
歩いてみよう。
shinsaibashi08b.jpg

人であふれる心斎橋商店街に並ぶ店の裏口といった印象が強い。
あれはヤマハ音楽教室だろうか。

shinsaibashi08c.jpg

お店の厨房の一角が垣間見える。

shinsaibashi08d.jpg

さらに歩くと…
うわぁ、不気味な目がいっぱい。

人通りが少なく、目に付かない路地裏では、立小便をしている人がよくいる。
小便禁止の張り紙はよくあるけれど、これは怖すぎる。
ワードで作った感満載だけれど、この謎の目が大量に並んでいると、正直怖すぎる。

shinsaibashi08e.jpg

店と店の谷間。
若者が足を休めたり、談笑したりする。
人ごみに流されることがない、ポケットのような空間。

shinsaibashi08f.jpg

そんな裏手は、時代を超えた建物が何食わぬ顔を覗かせている。
呉服屋の裏手は、どこかシンプルで質素のように見えて、数十年前に戻らせてくれるようなつくりをしている。

shinsaibashi08g.jpg

出口は、ラーメン屋の「神座」(かむくら)だ。
週末はこの路地裏の入り口に人の列が続く。
徐々に表の町のにおいがしてくる。

次へ>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。