上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 心斎橋(1)-宗右衛門町の裏側ホーム > 大阪府の路地裏 > 心斎橋(1)-宗右衛門町の裏側

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

心斎橋(1)-宗右衛門町の裏側



「心斎橋」といえば、江戸の昔から大阪の繁華街として最大のものだ。
アーケードには人があふれて歩きにくく、そごうや大丸などの百貨店が軒を連ね、近くにアメリカ村や堀江などの若者の町もある。
下手すれば「若者がとりあえず遊びに出る場所」というイメージが強く、落ち着いた店や変わった店が少ないということを知らないで、買い物をする店ばかりと思いこみ、「心斎橋は俺の庭」と豪語している人も少なくないだろう。

しかし、そういう店はアーケードを離れ、裏手をぶらぶら歩き回ると、意外に多いということに気づくだろう。
shinsaibashi01b.jpg

ここが心斎橋のアーケードの裏。
「東心斎橋」という、夜の方が賑やかな不夜城だ。
飲み屋主体の店の構成ながらも、そのギラギラした感じと一線を画すような通りもあり、そこは落ち着ける。

shinsaibashi01c.jpg

東心斎橋の中でも、特にギラギラした一角「宗右衛門町」の脇に、こんな路地がある。


shinsaibashi01d.jpg

半分を自転車に占領された道を行くと、まるで昔の茶屋のような店が並んでいて、最近の電飾がチカチカ輝く飲み屋とは違って落ち着きを放っている。
それにしても、これ茶屋というより…新地?

shinsaibashi01e.jpg

料亭のような店にも、なぜか大阪維新の会のポスターが貼ってあり、これは興ざめだ。

shinsaibashi01f.jpg

くねっと直線じゃない道を曲がると、間に今風のスペイン料理店が、テトリスのブロックのようにハマっている。

shinsaibashi01g.jpg

先に進んで、出口を見つける。

shinsaibashi01h.jpg

割烹のふぐやうなぎの水槽。
一目につきにくい場所で、ショールームではないような感覚で置かれ、どのような気分で泳いでいるだろうか。

shinsaibashi01i.jpg

出口から見た路地裏。
「月尾島」という韓国料理店。
なお、韓国の仁川の近くにあった島の名前らしい。
東心斎橋は、どういうわけか、韓国料理の店が多い。


次へ>>


より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。