上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > アメリカ村(3)-ビルの谷間は獣道ホーム > 大阪府の路地裏 > アメリカ村(3)-ビルの谷間は獣道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アメリカ村(3)-ビルの谷間は獣道



西心斎橋の某所。
どこにあるかは言わない。

ビルとビルの間の、人が一人しか通れないような、道なき道を進んでいく。
amemura03b.jpg

すると、分かれ道が出てきて、ビルの一角が現れてくる。

amemura03c.jpg

ビルに入る階段と、まっすぐに伸びる道は、表通りに続いている。
裏路地だった場所に雑居ビルの空間が現れ、次元がゆがんだ感覚を受ける。

amemura03d.jpg

人が来るのかわからないような場所にも、なぜか中古マンションの広告が貼られている。
誰が見るのだろう…と思ったら、自転車が多数停まっている。
ここにも誰かの暮らしがあるのだ。

amemura03e.jpg

「ゴミや自転車などの一般のものを捨てないように」とある。
山奥でもないのに、不法投棄に悩まされているのだろうか。
ご丁寧に常時明かりで照らされている。
その先にも誰かの自転車が停まっている。
不法投棄なのかは見分けがつけようがない。

amemura03f.jpg

路地裏の終点は、くすんだ光景だった。
誰もきそうにないところにも、転々と街明かりが続いているので、街の延長線上とも場末ともいえるような不思議な空間だ。
大阪の代表的繁華街のすぐ裏は、こんな180度違うような空間があるのだ。

驚くべきことに、その先まで路地は続いている。
自転車で塞がれていて、やや危険な香りがするので引き返した。


次へ>>



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。