上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 奈良(4)-猿沢池遊歩道ホーム > 近畿の路地裏 > 奈良(4)-猿沢池遊歩道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

奈良(4)-猿沢池遊歩道

nara04a.jpg

奈良の繁華街は、「東向」(ひがしむき)や「小西通り」「三条通り」といった表通りとなる。
そこと前回まで紹介した「ならまち」をつなぐのが、「餅飯殿」(もちいどの)「下御門」といった、細長いアーケードだ。
ここは古本屋や服屋といった、裏町的な店が多く、ここ3年ほどで変わった店が出てきているエリアなのだ。

路地裏はその脇に多く存在する。
nara04b.jpg

その脇道の一つが、「猿沢池」への抜け道となっている路地裏だ。
服屋の脇から路地裏が現れ、入り口の上には、「猿沢遊歩道 抜け道」と書かれている。

nara04c.jpg

服が並ぶ若者向けの店の先に、占い屋といった、裏町に似合うプチ怪しさを売りにした店が並ぶ。
「ならまち長屋 ふしぎ堂」という小さな店が何店か入ったものができている。

nara04d.jpg

石畳が続いていく先には、昔ながらの民家の壁に、思いっきり落書きされているのを見た。
きれいとはいえないものの、これこそ若者の集まる裏町という印象を受ける。
大抵どこか一ヶ所は、街の負の面が出た場所がつきものなのだ。

この先は、池で亀が浮かんでいる「猿沢池」だ。


次へ>>




より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。