上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 難波千日前(9)-路地裏の断面ホーム > 大阪府の路地裏 > 難波千日前(9)-路地裏の断面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

難波千日前(9)-路地裏の断面



以前紹介した、「難波千日前(6)」に平行し、「味園ビル」の前に突き当たる細い路地裏があるが、ここもなかなかディープ。
のっけから三色旗のようなざっくり切られたような麻雀荘と、ホテル「アルプス」の間から、この路地ははじまる。
nambas09b.jpg

雀荘の下は、背の低い引き戸からカウンターが見えるすし屋だ。
ディープな店が多い千日前にあって、落ち着き払った印象。

nambas09c.jpg

しかし、そこから入ると風俗系の店や飲み屋、謎のオフィスなどがあり、統一感のなさがまさに通りを謎にかき混ぜているようだ。

nambas09d.jpg

実はこの路地裏、もう片方は店がない。
片方は空き地になってしまい、その向こうからさまざまな形状の建物があからさまになってしまっているのだ。
まるで断面図を見ているかのようだ。

路地裏だった場所が丸見えになってしまうと、奥まっているがために謎めいた魅力が半減してしまうような気がする。それはもはや裏ではなくなってしまうのだ。
しかし、それでも普段の広い道で見られないような家や店の並びを見ると、半分路地裏になってしまっても、妙に魅力的に見える人もいるかもしれない。
それを路地裏というべきか、そうでないと判定するかは意見が分かれそうなところだが。



次へ>>


より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。