上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 難波千日前(6)ホーム > 大阪府の路地裏 > 難波千日前(6)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

難波千日前(6)

nambas06e.jpg

大阪随一の歓楽街、千日前は妖しい路地裏が多い。
表通りにある味園ビル」「ミス・パール」をはじめ、昭和の香りのする飲み屋ビルが妖しい光を放ち、その脇の路地を引き立てるのだ。
その一つが、この路地。
上に下に、様々な看板が浮かぶ、ごちゃごちゃした印象だ。
nambas06b.jpg

しかし、よく見れば老舗の店構えの寿司屋もあったりと、昔から変わらない下町のにおいがする。
となりの「オリオン通り」が気になる。ちょっと入ってみよう。

nambas06c.jpg

中は古びた建物の廊下といった感じで、特に何の変哲もないようだが
ところどころに入るインドカレーやライブバーといったテナントが妙に怪しくて気になる。

nambas06d.jpg

板張りの簡素な造りで、むしろボロイ。
その中から現れる光は、妖しく光る。



さて、気を取り直して、この通りを歩いてみよう。

nambas06f.jpg

「調理師養成会」という調理師の派遣業務をする会社だが…
店の前に掲げられた毛筆の看板が妙に迫力がある。

nambas06g.jpg

化粧品屋には、昔の日本の化粧道具(櫛やかんざしなど)が売られている。
買いに来るのはどんな女性だろう。

nambas06h.jpg

「文字いろいろ書きます」とあるのは、手書きの看板の店だ。
この店で書かれた看板を実際に目にしたことは、一度や二度はあるかもしれない。


nambas06i.jpg

大きな通りに出て、「味園ビル」を見送って再び路地へ真っ直ぐ歩く。
ホテル街のようなところに差し掛かる。

nambas06j.jpg

本物の裏手に来てしまった。危険そう。

nambas06k.jpg

しかし、横の壁の配管が複雑。
まるで絡まるつたのようだ。

nambas06l.jpg

ようやく出口。千日前通に出る。
出た先は、飲み屋だが…

nambas06m.jpg

飲み屋がある場所が、駐車場の中という変わった場所にある。
テントにビニールシートを掛けた簡単なものだが、屋台のようで妙にそそる。



次へ>>


より大きな地図で 路地裏ダイバー を表示

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。