上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 丸山稲荷神社-線路の隣に続く鳥居の群れホーム > ★枠外 > 丸山稲荷神社-線路の隣に続く鳥居の群れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

丸山稲荷神社-線路の隣に続く鳥居の群れ

maruina01.jpg

三重県津市。
JR紀勢本線の「阿漕」というアコギな名前の駅から100mほど南に、線路沿いに歩いていくと…
線路沿いに、このように鳥居がずっと続いている光景が見られる。

この正体はいったい…。


★線路脇が参道★



maruina02.jpg

鳥居が何十本も続く光景。いったいどこまで続くのだろうか。
実際に歩いてみた。
脇にはJRの列車が走っている。

maruina03.jpg

20mほど歩いた。
やっと終わりが見えてきた。
鳥居は5,60本あったと思う。

maruina04.jpg

さらに歩くと、神社にある灯篭が等間隔に並んでいる。
右側は線路、左側は民家だ。
この先は…もうお分かりだろう。

maruina05.jpg

やはり神社だ。
ここは「丸山稲荷神社」と呼ばれる神社。
特に何の変哲もない神社だ。
鳥居がたくさん連なっているのは、京都の伏見稲荷をはじめ、稲荷神社系ではよくみられる様式だ。


ちなみに、鳥居の羅列は約30m、参道自体は約200mあった。

それにしてもなぜ参道のすぐ横に線路を敷くようになったのだろうか?
一番の謎が残ったまま、三重県の旅は続く。



より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。