上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 最強の珍石像パレード!:マルサセンターホーム > 珍スポット > 最強の珍石像パレード!:マルサセンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最強の珍石像パレード!:マルサセンター


映画『世界の中心で、愛をさけぶ。』ロケ地の香川県庵治町
の手前にある「牟礼町」は
うさんくさい石像が立ち並ぶ、ミステリースポットだった!!

mac02.jpgmac03.jpg

そのミステリースポットに、石像の展示場 兼 公園がある。
このナゾの石像は、ナニが言いたいんだろう…w

さぁ、この石の町は、石屋がいくつもあって、
それを展示する場所がある。それが、
「マルサセンター」だ。

mac05.jpg

展示場外。
なんかチョイスを間違った、特撮のセットがある。
mac04.jpg

外から…なんか半魚人がいるぞ!!

mac06.jpg

なぜに力士?
しかも化粧まわしつき。

mac07.jpg

今にも襲い掛かってきそうな牛が。

mac08.jpg


さて、「マルサセンター」内に入った。
のっけからカオスな雰囲気を醸し出す…

mac10.jpg

やたら細かく作られた、仙人が住む山!
見たら、仙人の家や人まで細かく作られてる。
こんなんどこの誰が買うんだろう…。




さぁ、ここからはキテレツな石像たちをご堪能ください。

mac09.jpg

その隣に、アイフルの犬が。
こんなん作って大丈夫なん?

mac11.jpg

出前一丁?

mac12.jpg

妙にリアルなジェットスキー。
ていうか、「×」はナニ?

mac13.jpg

戦車。
プラモより精巧な。

mac14.jpg

トラック。
しかもクレーンつき。


mac15.jpg

イルカが…献金箱を支えてるッ!!

mac16.jpg

「大相撲 貴乃花 対 舞の海」
テキトーにつけたノボリに
テキトーに並べた、カエル相撲

mac17.jpg

ウゴウゴルーガに出てきた殿様のような、
トノサマガエルの石像。

mac18.jpg

心なしか、ディズニーのクマに似てる気がするんですが…。

mac19.jpg

こっちは、バックスバニーか!?

mac20.jpg

口に指突っ込んで、リアルにゲーしてる顔のマスク。
ていうか、誰が買ってくんだ!?誰が!?

mac21.jpg

「餃子人」
というオリジナルキャラ。
適当すぎる…。

mac22.jpg

「桃太郎電鉄」!?

mac23.jpg

サイコロ、サッカーボール、ゴルフボール。
こんなん投げれんがな。

mac24.jpg

ナゾのオブジェの周りに群がる、大量のカエル。


mac25.jpg

川の上に和風な橋がかかってるのに、
「ビクトリアブリッジ」とは、
テキトーにもほどがあるネーミングセンス。


mac27.jpg

いきなり墓場が…!
と思ったら、墓のミニチュアだそうです。

mac28.jpg

「バランスバード」という石像で、
岩に鳥が一点だけの支えで立ってるという。
52万円。
こんなん落としたらどうすんだっ!

mac29.jpg

って、このキン肉マンなんかに出てきた超人のパクリは…。
著作権違反キター!
この一角はヤバイぞ!


mac30.jpg

お遍路さんの旅支度って、
お遍路道じゃないからここ!

mac31.jpg

糸車の石像。

mac32.jpg

角度変えたら、不気味にニヤけてるダルマたち

mac33.jpg

休憩所…
に、7段にも連なるタヌキの像!



mac34.jpg

墓石や燈籠の展示もある。

mac35.jpg

お地蔵さんが量産品のように置かれてる!!
道にたたずむお地蔵さんが、実は量産されてたことを知り
ショックを受けた俺!

mac36.jpg

助さんと、角さんの墓。
ってか、勝手に殺すなww

mac37.jpg

「これが目に入らぬか」と、印籠の碑に
ひれ伏す犬の像たち…。
ナイス合わせ技。

mac43.jpg

カエルの上に、大量に子カエルが乗ってて、
気持ち悪かった。

mac38.jpg

センセー、豚がこっちを誘惑してまーす。

mac39.jpg

さて、2階に上がろうとすると…
段にカエルがいて、こっちをにらんでいたので、
怖くて辞めた。

(上はただの事務所だけだった)

mac40.jpg

ミズノのゴルフクラブ入れまで!
しかも、ただの傘たてになってる。
いいのかこれ?

mac41.jpg

ゴルフクラブの先っちょまで石に
これ使えるのかよ?

mac42.jpg

やっと出ました。
最後は変なモアイがお見送りです。
なんじゃここは!?


より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
この店は知りませんでした。有名なんでしょうか?
庵治方面は庵治石の生産地でありサブカル界隈でまあまあ人気と聞きますが、世界の中心しかり痛いのであまり近寄りたくない地域です。電波が標準装備なのかもしれません。
歯art美術館、コームーエンという仙人もいます。v-12
[ 2011/01/31 01:32 ] [ 編集 ]
件の「餃子人」って、宇都宮駅の東口を中心に、市内中に展開する「宇都宮餃子館」という会社のキャラクターじゃマイカ?コンナヤツ→ http://www.gyozakan.jp/

まぁ、ここも墓石が中心なんだろうけど、最近の墓も著作権無視のDQN仕様が増殖してるみたいですね。郊外の大規模霊園なんか行くと、時々オイオイ!っていう墓見かけるようになったし…墓に入っても隣がDQNなんて、最悪だぁ。
[ 2011/01/31 09:16 ] [ 編集 ]
この店は全くノーマークでした。
検索しても出てこないんで、無名だと思います。
誰かナイトスクープあたりに売り込んで、桂小枝兄さんを呼んであげてください(笑)

目的が庵治とイサム・ノグチ美術館(閉館日)だったのですが、道を走ってて、あまりにも謎の石像が大量に外に出てるので、入らずにはいられなかったんですよ。

庵治や牟礼が石材の生産地だったというのを知ったのも、このときが初めてで
イサム・ノグチ美術館の周りとか、石屋が多くて、石灯籠とかが店の前に置いてある光景が、石の産地を物語ってるようでしたね。

イサム・ノグチ美術館!
歯art美術館!そして、コームーエン!
(うわぁ…変ですよこれ…。情報提供ありがとうございます。)
とっくに終わったセカチューブームに乗っかる人たち
そして、マルサセンター…。
対岸の屋島(廃墟だらけ)も相まって、この界隈にこれらのツワモノが集まっていることは
ツワモノたちに魅力的な場所なのかもしれません。

…また行きたいですなぁ(笑)
[ 2011/01/31 21:56 ] [ 編集 ]
あーっ!たしかに、餃子人と同じですね。
オーダーされた石材を宇都宮まで送ってるんでしょうか。

> 墓に入っても隣がDQNなんて、最悪だぁ。

これまた葬式に、偶然隣りと鉢合わせしたりしたら、やな感じですねぇ(笑)
高野山の奥の院には、コーヒーカップやスペースシャトルの形をした変な墓がありますが
あの手のは目立とう精神がムンムン沸きたってて、静かに眠れそうな気がしません。
[ 2011/01/31 22:09 ] [ 編集 ]
実は、実家の親が市民墓地に建てた墓が、けっこう恥ずかしい代物で、ちょっとしたピラミッド調なんですよねorz

近くには、屏風のように切り出した一枚岩に、自作の詩文を刻み込んだ墓とか、花輪をレリーフにした墓石に座右の銘らしき四字熟語を刻み、それをサーチライトで照らせる様に設えた墓などいろいろ・・・。

あのさ、古代の天皇や徳川将軍とかならともかく、歴史上の人物の墓なんて、意外と墓石1個だけとか、五輪塔だけとか、結構質素なモンなんだが。

ホント、あんたらどんだけ偉人なんだ?とツッコミ入れたくなってしまいますわ。全く。そらぁ、今はこんだけ自由な世の中なんだけどね(ハァ・・)。

宇都宮餃子館のキャラは、同社の商標が「健太餃子」というところからして、おそらく「健太」という名前なんだと思います。

JR宇都宮駅東口は、元は貨物の操車場が広がるだけの殺風景極まりない場所だったそうですが、栃木での国体かなんだかを契機に、駅東口と広場が同時に整備されたそうです。

整備と同時に、市街東部に開かれた工業団地から駅前を経て、駅東部の中心市街地を結ぶLRTを導入しよう!と、行政が意気込んで計画を進めておりました。

しかし、予定区間を走る民間のバス会社を蚊帳の外にして計画を推し進めた結果、バス会社との関係がこじれにこじれて調整がつかなくなったり、全国でも有数の車社会に暮らす市民の賛同を充分に得られなかったり等から、計画は中に浮いたまま。LRT電停予定地として確保した東口駅前広場は、いまだ整備の目処が立たぬまま放置されています。

件の宇都宮餃子館という会社は、そのがらんとした東口駅前広場のど真ん中を、あたかも占拠するかのように自らのプレハブ店舗や移動販売車で埋め尽くしています。

建物の周りには、あの「餃子人」の像に酷似した健太像やら、訳のわからない怪獣像や動物の像やらが立ち並び、子供の描いた主題不明の絵画や「健太餃子」の幟旗がその間を埋め尽くすカオスな風景が展開しております。

[ 2011/01/31 23:36 ] [ 編集 ]
屋島の周辺が石の産地だ、ということですが、豊臣秀吉の築いた大阪城、その後の徳川氏による再建大阪城にも、近郊の讃岐国小豆島や、備前国の犬島・沖ノ島の巨石が大量に使用されています。

同じような地質の屋島近辺も、おそらくは古くから様々な用途の石が切り出されて送り出された名産地だったのでしょう。

詳しくは、こちらのサイト⇒ http://homepage2.nifty.com/bu-ra-ri/toyotomiisigaki.htm
[ 2011/01/31 23:44 ] [ 編集 ]
・お墓

あらららら…。
いやいや、それ以上に、「サーチライトで照らせる様に設えた墓」の方が…。
なんというか、生前に目立ち合戦をしなくても…、とも思いますが…。
あぁ…、お亡くなりになったら、同じお墓に入るのですね…。

・宇都宮餃子館

そうです。HPによると、「健太」でした。
このサイトの「餃子人」と、JR宇都宮駅東口の「健太」は同一のようですね。

それにしても、そんな紆余曲折が…。
妙な意地っ張りがここまで何も生まなくなったというか…不毛な争いでしたね。
そこへ漁夫の利のようにやってきた宇都宮餃子館。
謎の像が並ぶ光景といったら、揉めに揉めたことを象徴しているのかも…。
[ 2011/02/02 23:33 ] [ 編集 ]
そういえば、離島の主要産業が採石というところは多いみたいですね。
兵庫県の家島とか、三重県の菅島とか。
石を港で船に載せて、方々に運びやすいから、発達したとか…?
[ 2011/02/02 23:37 ] [ 編集 ]
『日本DEEP案内』の逢坂氏が、件の宇都宮餃子館を取り上げてくれました。カオスな現場の状況はこちらでご覧ください。

日本DEEP案内:餃子の街「宇都宮」(2)駅東口・謎の餃子広場 ⇒ http://japandeep.info/20110302/120000.html
[ 2011/03/02 18:41 ] [ 編集 ]
うわっこれは…。
押し切ったはいいけど、中途半端に終わり、打ち捨てられた感がすごく漂ってますね。
切なくなるというか…、餃子がやりたいのか、何がしたいんだかわからない場所ですね(笑)
しかも、いまだにLRTを作るぞ、っていう看板が立ってるなんて。
なんだかなぁ…感に駆り立てられますね。
[ 2011/03/03 00:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。