上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > ナイトショップいしづちの謎in和歌山ホーム > フリーダムな店 > ナイトショップいしづちの謎in和歌山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナイトショップいしづちの謎in和歌山

ishiduchi01.jpg
和歌山県海南市)

和歌山県の中部を走っていると、たまにこんな店を見ることがある。

なんだろ?この「いしづち」という店は?

これは和歌山県内で3店舗くらい見たことがある。
パッと見、コンビニ。
しかし、チェーン店にしてはあまりにもドテッとしすぎている。
店の一つ一つの形が違いすぎるし、「いしづち」の書体が昔風で、ふくろうのロゴがちょっと怖い。
全国チェーンのコンビニに比べ、存在感がありすぎるのだ。

しかも店のジャンルが「ナイトショップ」なのだ。
なんじゃそれ?
和歌山県内にいくつか存在する「いしづち」を追ってみた。
★コンビニから村のよろず屋まで変幻自在★

ishiduchi02.jpg
和歌山県有田市、JR箕島駅近く。しかし2010年夏に閉店)

和歌山県民にとって、「ナイトショップいしづち」は、相当身近な存在らしい。
グーグル検索すれば、「懐かしい!」「まだあったんだ!」といった声が飛び交っているし
和歌山市在住の知り合いによれば、和歌山土着のコンビニで、よく使ってたらしい。
コンビニが全国展開する以前、30年ほど前から和歌山県内に点在し、当時から「ナイトショップ」という名の深夜もオープンしている店という営業形態だったという。

またもいしづち発見。
しかし、見た感じコンビニというより、釣具店みたいな規模の小さな店。
もしくは、駄菓子屋といった風貌だ。
「ナイトショップ」だけあって、深夜2時まで営業しているらしい。

ishiduchi03.jpg
和歌山県有田市)

この店構えは、真新しい。
つい最近オープンしたのだろうか?
しかし、あの怪しいふくろうと筆で書いたような書体は健在だ。

(※この店舗をgooglemapで見ると、ファミリーマートが表示されていた。ファミマ跡にいしづちが新装開店するのはかなりレアケース!)

ishiduchi04.jpg
和歌山県海南市。ちなみに、有田川町にも店を発見した。)


また、これは一番上の写真と同じ敷地にある別の棟だ。
コンビニ風の店とは別に、なぜかスロットマシンばかりが置いてある。

このように、いしづちの店舗は、コンビニ型やよろず屋型、よくわからない型と、いくつものバリエーションがあり、面白い。


★ナイトショップをのぞいてみよう★


ishiduchi05.jpg

それでは、某店舗をのぞいてみよう。
中身は普通のコンビニといった感じだが…。

おや?やたらと本棚が大きい。

そう、これがナイトショップいしづちの特徴。
エロ本、エロビデオの品揃えが良すぎるのだ。

店の壁一面に、ポルノコーナー!


エロDVDがズラーッと並び
幹線道路沿いにあるような、エロビデオ専門店でも手に入りにくいエロ雑誌やエロ漫画が揃っているのだ。
エロ雑誌(エロマンガ含む)だけで、30~40種類はあったと思う。

ishiduchi06.jpg

また、この店は弁当やおにぎりが美味いのだ。
弁当は別業者による手づくりで、おにぎり(バクダンおにぎり・210円)は店のおばちゃんによる手握りで、いずれも好評だという。
店の人によれば、朝方の出勤時に、出来立てのおにぎりを買っていく人が多く、おにぎり目当ての常連客も出るくらいだという。

朝の客も多いが、ナイトショップというだけあって、品揃えは夜の男向けに作られている。
(もちろん、主な客層は男性、そして、昔ながらの常連客)
ビジネスマン御用達の容器入りガム、ライターとガスライター用ボンベ、そして花札。
独特な品揃えだ。
お酒やおつまみ、タバコも品揃えがよく、先のポルノの壁といい、ミーハーな感じがせず、媚びがない、男の店といった感じがした。

他には、ホームセンターで取り扱っているような日用品があるということ。
洗剤、殺虫剤、調味料などが、小さなパッケージでなく、ホームセンターで見るようなサイズで売られているのだ。
市指定のゴミ袋がズラリ並んで売られているのには、驚いた。

このように、地域に密着しているせいか、品揃えが独特だが、
それ以外はほとんどコンビニだ。
菓子パンやカップ麺、お菓子や雑誌、ジュースなど、おなじみのものが揃っている。


店の人によると、この店は30年前から営業しているという。
全国区のコンビニが進出し、コンビニという呼び名が一般的になる前から
和歌山県中部、和歌山市では「ナイトショップ」という呼称が定着していたという。

この頃、コンビニや深夜に営業している店は少なかったので
「いしづち」は相当儲かったという。

いしづちの全盛期だったそうな。

しかし、全国区のコンビニが進出し、国道沿いに深夜営業の店が次々できることで
和歌山県内の「いしづち」は、減っていった。
コンビニ戦国地図」というサイトの2000年の調査(インターネットタウンページを使用)では、和歌山県内のいしづちは、8店舗だった。
近県(大阪府、奈良県、兵庫県)にもいしづちはあったが、徐々に数を減らし、今では、1県に1、2店舗程度に減ってしまった。
和歌山県の店も徐々に減っているので、ひょっとしたら確認が取れた3店だけかもしれない。


愛媛県の方が実は本場!★


ishiduchi07.jpg
(ナイトショップいしづち城辺店・愛媛県愛南町)


さて、このいしづちは、愛媛県にも店がある。
先の「コンビニ戦国地図」では、18店舗(00年当時)あり、いしづちの数は最も多いのだ。

それもそのはず。いしづちは名前からして、愛媛県発祥の会社だ。
「いしづち」は、愛媛県を代表する名峰、「石鎚山」から取られている。
和歌山県発祥のコンビニと思っている和歌山県民もいるが、そうではない。

愛媛でも同じように、いしづちは県民におなじみのコンビニになっているそうだ。
しかも、店の形態が、コンビニ型やビデオショップ型、果ては、写真のような昔ながらの町のよろず屋タイプのとんでもない店まであり、やはり多岐にわたっている。


ここで疑問が起こる。
なぜ愛媛県を中心に展開する「いしづち」が、全く関係の無い和歌山県に多くの店ができるのだろうか?

「コンビニ戦国地図」によると、和歌山県が8店、三重県が4店、兵庫県が5店、広島県、高知県、奈良県が3店
となっている。

この店の形態は、チェーンというより、のれん分けだという。
分かれていった店から成り立っているようだが、現在、いしづちの本部は存在しない。
営業の本部がなく、店主がいしづちを名乗っているのだそうだが、本当のところは私も知らない。

雰囲気から店の営業形態まで、真に迫ろうとすればするほど、謎が増えていくのが、「ナイトショップいしづち」の謎なのだ。




◆参考サイト:「四国のナイトショップいしづちを全部訪問」(「新谷さんは働いてるのでお前らより偉い。」より)
          「コンビニ戦国地図」(2000年時点で、いしづちは店舗数が全国35位だそう。)
関連記事
スポンサーサイト
リンクありがとうございます、
自分はナビに入ってるデータとネットにある電話帳の範囲でしか調べられませんでしたが、
まだまだ電話帳に載せてないような店が僻地でひっそりと生息してるかもしれませんね、城辺店を見てそう思いました。
[ 2010/10/29 08:48 ] [ 編集 ]
どういたしまして。
カーナビって、そう考えてみれば、かなりの店データが入ってるんですね…。
しっかし、それでもカバーできないものがあるんじゃないか、と思えてくるのが、いしづちの魅力でしょう。
いやぁ、山奥とかにひっそりありそうですよ(笑)

しっかし、城辺店は、得体の知れない店のつくりをしてますね。
ナイトショップ系だというのに、宇和海の漁村にあるような家をピンク色に塗った立派な古民家に
あの看板と、駄菓子屋のようだけど、入りにくそうな入口。(しかもアイスクリームの冷蔵庫は故障)
どんな内装か、どれだけ生活感があふれているか、想像もつきません。(多分、村の食料品店のようでしょうね)
そんな底知れなさが、僕はいしづちの魅力だなぁと感じます。

兵庫県は確認がとれただけで2店舗。(伊丹市と三木市)そこも行ってみたいと思います。
[ 2010/10/30 00:50 ] [ 編集 ]
はじめてコメントします
オレもナイトショップいしづちが好きでいしづち
めぐりをして来ましたので
同じようにいしづちめぐりをしてる人をみて
つい嬉しくてコメントしてしまいましたw
おそらく現存してる店舗は全部いけたのではないかと
思ってましたが、やはり山奥でひっそりと営業
してる店舗もあるのかも知れませんね…。
もう大分店舗も減ったようで風前の灯感は
ぬぐえませんけど。
またよろしくお願いいたします。
[ 2011/12/02 12:30 ] [ 編集 ]
なんと、いしづち制覇をした方が!僕よりずっとすごいですよ。
いやー、いしづちを初めて見たのは、愛媛県に旅行に行ったときですが、あれを和歌山で見たときも衝撃でしたね。
最近では、兵庫県の伊丹、広島県の竹原(案内板のみ)で見たことがあり、飛び地飛び地で店が現れるという感覚が、妙に探究心をくすぐってくれますね。
あと、チェーン店という感覚がしないところが、同じコンビニでも温かみがあって、こういうのいいなって思うんですよ。
そのせいか、和歌山発祥じゃないのに、和歌山の多くの人が「地元のコンビニといえば、いしづち」と認識してるあたりの感覚が、いいなぁって思えるんですよ。
こんな規格から外れたような店、残したいですね。
[ 2011/12/03 15:57 ] [ 編集 ]
こんばんは、ずいぶん前の日記だったのに
レスくれてありがとうございます。

いしづちは今年になって僕の知ってる限りでも
天理店・大和郡山店・桜井店・甲賀店が
閉店になってしまいました。
残ったのは四国の店舗と海南店・有田店・三木店・伊丹店・八日市店・Yショップいしづち山城店と福井市に一店舗くらいじゃないでしょうか
実は10年くらい前にいしづちファンのHPでも作ろうか(途中で挫折しましたがw)と思って写真いっぱいあるんですよ
必要なら送りますんでw
残った数少ない店舗も応援していきたいですね。

[ 2011/12/05 20:07 ] [ 編集 ]
えっ?奈良県内に3店舗もあったんですか?
それは勿体ないですよね…。
有田店は、2年前に新しい店になったのに。

いしづちのファンページですが、作ったらおもしろいかなぁと思うのですが
現在の僕としては、この路地裏専門ページと、街角の萌え系専門ページをやっているので
僕のサイトの中のコーナーではできないですが
もう少し後になって余裕が出たら、別サイトで、いしづちファンページを形にできたら楽しいなって思うんですよ。

僕としては、いしづちのデータベースを作るよりも
現在のコンビニにない魅力を持つ、いしづちを発信できるようなサイトを作り、いしづちで何かしらイベントができるような
「勝手にいしづちグループのサイトを作りました」的な、自分らが公式名乗っちゃえ的なサイトを作った方が面白いと思うんですよ。
ただ、現在はその余力がなくて、データを頂いたとしても、それを持て余すかもしれません。
せっかくいいお話を頂いたのに、本当に申し訳ないです…。
[ 2011/12/07 13:29 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/09/11 13:26 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/01/05 10:45 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/11/19 00:13 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/01/25 23:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。