上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 一宮町はサーファータウン!ホーム > まちづくり・地方の実態 > 一宮町はサーファータウン!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一宮町はサーファータウン!

icm02.jpg

千葉県の東海岸にある「一宮町」。
国道128号線から離れ、千葉県道30号線に入ると…
沿道はまるで日本でないような、サーファータウンになっている。

このように、サーフショップが立ち並び、サーフィン一色だ。
icm06.jpgicm07.jpg

サーファーショップがずらり。
まるでハワイかどこかのようだ。


icm03.jpg


「日本サーフィン学校」の一宮校がある。
関東でサーフィンといえば、湘南だが、この一宮も盛んだとか。


icm04.jpg

サーフィン目当てで来る人以外でも、この街は楽しめる。
アメリカンなハンバーガーショップや
ハワイアンなレストランが並び、もはや外国だ。



icm08.jpg

とにかくサーファーに優しい街だ。
サーファーには特に安い格安宿もあり、
サーファーは2550円、仕事人は5500円で宿泊できるものもある。

icm09.jpg

さらに、普通の住宅も、サーフィン仕様である。
日本の建て売り住宅の風景とは違い、ハワイのビーチあたりで建っている家をイメージした家で、街の景観はだいたい統一されている。

icm05.jpg
icm10.jpg

千葉日報ウェブによると、08年の一宮町の平均地価上昇率は、地方圏として全国3位の高さだったという。
サーファーが県外から移住するため、このような住宅が増えたためだとか。
他には、共同で住宅を購入したり、県外サーファーが休憩や短期滞在に使うために使うなどの目的など、様々な使われ方もされている。
住宅の購入者の2,3割は、県外出身者で、昔からの地元民は多くないという。
サーファーが増加したため、このようなサーファー仕様の街が形成されていったのだ。


icm11.jpg

住宅を買うだけでなく、アパートに入居することもできる。
ここは家賃が月38000円と、相当な安さだ。
例によって外観は、ハワイ風。

icm12.jpg

他にも、店を見ていこう。
撮影をした冬季は、さすがに閑散としているが、
雑貨カフェもあり、なんと、ブラジル水着も売っている。
ブラジル水着って…えらく露出の多いアレですよね…?

icm13.jpg

宅配もやっている(?)タコスの店。
塗装からして、ハワイアンカラーだぜ、アロ~ハ。

icm14.jpg

昔からあったかもしれないが
乗馬センターで馬に乗ることもできる。

icm15.jpg

海沿いで風を感じて、お馬パカパカなんて悪くないじゃないか。

icm16.jpg

さらに進むと…なんだ?あの四角い建築物は。

icm17.jpg

なんと、サーファー村のような集合住宅ができるようだ!

icm18.jpg

建築家がつくったような、現代的な住宅だが…
「Surf village【KAI】01/99」という、建築プロジェクトで、
都会のサーファーの週末のシェアレンタルに応える、というコンセプトだそうだ。

icm19.jpg


この一宮サーファータウン、
サーファー色が強いが、ところどころに素朴な海辺の町の姿が垣間見える。

住宅のないところでは、松原が広がり、よくある田舎の海沿いのようだ。

icm20.jpg

ここは、松の苗を植えて育てている。
こうして自然を守り育てていく姿という、素朴な面も、この町は持ち併せているようだ。


より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。