上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > ホテルニューカマクラ―レトロな穴場ホーム > 安宿・バックパッカー > ホテルニューカマクラ―レトロな穴場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホテルニューカマクラ―レトロな穴場



湘南の静かな街、鎌倉に穴場ホテルがあるのをご存知だろうか?
市内の宿はいずれも高価な鎌倉に、最低4200円
しかも、レトロな部屋のホテルに宿泊できるのだ。

それが、「ホテルニューカマクラ」。
この黄色い建物は本館。

hnk03.jpg

その入り口。
まるでヨーロッパのプチホテルのようだ。
築80年にもなるが、そのたたずまいは、今も変わっていない。
hnk04.jpg

階段を登って2階へ。
黄色っぽい配色の壁に、赤のじゅうたんが、落ち着く。

hnk15.jpg

2階。

hnk06.jpg

廊下。アーチ状の仕切りが、南ヨーロッパっぽい。

hnk07.jpg

部屋の一つは、こんな感じ。
赤じゅうたんにシャンデリアとは、シンプルな豪華さだ。
それでも宿泊費は、4200円から、最高でも9000円。

hnk08.jpghnk09.jpghnk10.jpghnk11.jpghnk12.jpghnk13.jpg

ホテル内のしつらえ。
細かいところにも、こだわりが見て取れる。

派手さはないけれど、全体の雰囲気と、細部のパーツの配置が、かえって美しい。

hnk14.jpg hnk16.jpg

洗面所や廊下の端にあるひとつひとつに、おもてなしの心が伺えるようだ。




hnk02.jpg

本館の隣にある、新館も覗いてみる。

hnk17.jpg

曲げ木の手すり。

hnk18.jpghnk19.jpg

吹き抜けの天井…。

演出一つ一つで、ゆっくり客を楽しませてくれる。

hnk20.jpg

ちなみに、僕はその日、離れの部屋に泊まった。
離れは、この建物とは違い、ちょっと和風の建物。

部屋は、8畳くらいあり、一人で泊まるには勿体無いくらい広い。
離れの場合、一泊6000円/一人。

hnk21.jpg

広いキッチンや内風呂もある。
しばらく何日か滞在するのにもってこいの設備だ。

しかし、このホテルはかなり人気で、いつも空きが少ない。
僕もここに泊まるのに、2日前のキャンセルを利用して、ようやく潜り込めたくらいだ。


hnk22.jpg

このホテル、ファッション誌やCM、テレビドラマや映画のロケ地に使われることが多い。
このようなレトロさや、しつらえのこだわりがあるからこそ、ロケに使ってみたいという声があるのだろう。
派手な宣伝をしているわけでないのに、口コミで徐々に知れ渡っているらしい。

ちなみに、写真は、映画のロケ地にこのホテルが使われたということで、貼られたポスターである。
映画『おと な り』は、このホテルをロケ地に、主演は岡田准一、麻生久美子で、
09年5月16日から一部、5月30日から全国の映画館で公開される予定である。





より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示

※ホテルは、鎌倉駅のすぐ裏手にある。
そのため、電車の走行音や、駅のアナウンスや発車メロディが丸聞こえなので、
騒音が気になる人は、耳栓を持参しよう。

「ホテルニューカマクラ」 HP
関連記事
スポンサーサイト
はじめまして。ホテルニューカマクラが、そこに建っていることは、以前から知ってはいました。ただ、あの場所、あの構えにしては料金が安いし、で、何となく行かないままでした。でも、情報を見て安心。これで恐れることなく(笑)、利用することができそうです。情報に感謝!です。
[ 2011/09/06 07:25 ] [ 編集 ]
たしかに駅前の駐車場の前というあの立地は、どういうことかなー?という感じはしましたね。
でもなんてことない、ヤバイことないホテルですので、安心して宿泊ください^^
[ 2011/09/06 22:41 ] [ 編集 ]
あー懐かしい!4年前に宿泊しました。
鎌倉にすぐ行けるような街に住めるとは当時夢にも思っていなかったので
頑張って、「北海道東日本フリーきっぷ」というのを使って
24時間かけて鎌倉まで行って泊まったんですよ…懐かしい。
私が泊まったのは離れではあったんですが、
内装がピンク色だらけのかなり乙女な部屋でした。
写真撮っておかなかったのを未だに悔やんでいますよ。
そんなに人気あるんですかねー?映画になってしまったとは…
確か1か月前に電話したらOKだって言われたのですが、結構ラッキーだったのかもしれませんね。
[ 2012/02/03 17:51 ] [ 編集 ]
そ…そんな部屋あったんですか!?
ピンク色だらけて…、これは女子で好きな人は多いんじゃないですかぁ。
いやぁ、ここで紹介したよりも部屋の種類は多いですね。
バリエーションが多いことが、きっと強みかもしれません。

しかし、24時間掛けて鎌倉まで行くって…。
きっと在来線で北から南へゆっくり行ったと思いますが、東日本の風景の移り変わりを間近に感じながら旅してたのだなぁと想像します。
そんな旅行、時間があったらやってみたいなぁ。
(この記事は、時間はあるけど金がない時期の只中に書いてました)
[ 2012/02/03 23:07 ] [ 編集 ]
お風呂も古い外国映画みたいなバスタブでキュンキュンしました。「入浴中」って札を掛けるのもまたよく。
部屋はベッドもまた乙女な感じで、、

面白い体験でしたが、24時間乗りっぱなしはもう年だし、やりたくないですね、貴重な体験でした。
途中下車して適当にお菓子とかお土産を買ったり、
桜の季節だったので、宮城あたりで桜が見えますよって言って車内放送がかかって、ゆっくり走ってくれたりとかしたのを覚えています。

西日本ですと、寝台特急でトワイライトエクスプレスに
乗れますね。今思い返すと、関東に住むようになるんだったら、こっち乗っとけばよかったって思ってますよ(笑)
[ 2012/02/06 17:07 ] [ 編集 ]
そういや、青春18使って、一昨年久々に福岡からJRの鈍行で大阪に行くのをやってましたが
移動時間が延々と長くて、正直嫌になりましたね(笑)
長距離で電車乗ってられるのって、せいぜい4時間くらいになったもんです。
たしかに、途中下車して買い物したりするのは楽しみだったりしますが…。
以前は電車に乗るだけの旅でも楽しかったのですが
楽しみは車両の外にあることを知ってからは、車窓も楽しみつつ早く移動したいと思うようになりましたね。

トワイライトエクスプレスは憧れの車両ですね。
昼から出発して、夕暮れになるころに日本海にさしかかって、ラウンジから夕日が沈む日本海を一望できると聞きます。
ただ、直近で夜行列車に乗るとすれば、サンライズ出雲に乗るとか、新しいものには乗っておきたいものですね。
昔の寝台列車が古臭いとか悪いとは言いませんが(むしろ好きです)
夜行列車ももうちょっと、かわいくて楽しい、新しいコンセプトの車両が日本各地を走り回って欲しいものです。
[ 2012/02/08 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。