上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 高知の火曜市-水上マーケット?ホーム > ★枠外 > 高知の火曜市-水上マーケット?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高知の火曜市-水上マーケット?

kayou101.jpg

高知県の県都・高知市は、朝市で有名だ。
全国屈指の規模と賑わいを誇る、追手筋の「日曜市」に加え
月曜日から土曜日まで、市内のさまざまなところで市をやっている。
最近はエコ・ロハスブームも手伝って、土曜日に「高知オーガニックマーケット」という若い女性が好む市もやっている。

ところが、昔からある市で、少し風変わりなものがある。
火曜市」。

毎週火曜日、高知の繁華街から少し路面電車に乗って降りた「上町4丁目」電停の裏手に、その市がある。

kayou102.jpg

路面電車と車が行き交う電車通りから一つ裏に入った通りに、風変わりな風景を見つけた。

屋台が小川の上に建っている…!?
★日本の水上マーケットか?★


kayou104.jpg

近づいてみると、屋台の下を小川が流れている…
水の上に市場が!?



というより、小川の上に板を敷いて、その上に屋台を建てている光景があった。
そこでは新鮮な夏野菜が売られていた。やってくるのは地元の人ばかりか。


kayou103.jpg

小川に沿って、店がずらりと続いている。
朝早くから昼すぎまでこの賑わいがみられるのだ。

この変わった光景は、自動車交通の発展がもたらしたものだといわれている。
この火曜市は、かつては電車通りでやっていた。
しかし、やがて路面電車が走り、その横を車がビュンビュン走るようになって、交通の妨げになったので
市は電車通りから一つ裏手に入ったところに引っ越した。

なぜ水路の上に店が軒を連ねるようになったのかは知らないが
ともかくこうすることで、車の通行の邪魔にならなくなったという。

kayou105.jpg

タイには、「水上マーケット」という、川で人が船に乗って移動し、川沿いや船上の店で買い物をするという市場があるという。
高知のこれは本場タイのものとは遠いが、日本を飛び越えて東南アジアのような空気を感じさせるような感覚だ。
溝の上のマーケット。

下に水が流れているのは、あたかも流しそうめんを見ているかのようで、涼しげだ。


★350円で腹がふくれた★


kayou106.jpg

ここで売っている野菜や食料品は安くておいしい。
この太いきゅうりが3本で100円。
すいかの8分の1切れが250円だ。

お昼どきだったので、ちょうどここでスイカと
あんこ餅(100円で2切れだったか)をテイクアウトし、市の近くの公園で食べたことがあった。

kayou107.jpg

同じくお昼だったので、お弁当を食べているおばちゃんもいる。

kayou108.jpg

ここはおばあさんと孫が仲良く食べていた。
訪れた時期がお盆だったので、子供が里帰りしていたのだろう。
普段は店に子供が入っていることはないのかもしれない。

kayou109.jpg

こちらも里帰りの子供とおばあさん。
大阪からバイクで来たというと、驚いた様子だった。
カメラを構えると、いたずらっぽくVサインをしてくれた。

この市は生活感があり、ゆったりとしていて、うまそうな感じがする。
あらゆる感覚を満たしてくれる、そんな市場のように思った。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。