上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 桜ノ宮の聖なるラーメン屋はどこへ(混沌の中の聖)ホーム > アジアンカオスと港町 > 桜ノ宮の聖なるラーメン屋はどこへ(混沌の中の聖)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桜ノ宮の聖なるラーメン屋はどこへ(混沌の中の聖)

4年ほど前、友人に桜ノ宮におススメのラーメン屋があると連れられ、一緒に行った。

大阪市の桜ノ宮といえば、ご存知ホテル街だ
京橋駅の北西と、桜ノ宮駅の南側にある。
京橋駅からホテル街に分け入る。
狭い路地に不釣合いなプラスチックのホテルの看板や、古めのスナックや小料理屋の縦長な看板が連なり、騒がしく、猥雑な雰囲気をかもし出していた。
そのたいへん俗っぽい空間の中に、ぽつんと、紺ののれんを掛けた小さなラーメン屋が、青白い光を入り口から漏らして佇んでいた。
中に入ると、狭い3畳ほどの、カウンターしかないような空間に、青と白を基調としたタイルが壁に敷き詰められ、蛍光灯で優しく照らされた室内に、60年代のロックが耳に優しく流れてくる。

頼んだのは塩ラーメンだった。
味は非常にあっさりで、飲み明かした後のシメにはうってつけの薄さだった。
これまた40代くらいの男店長が、淡々と言葉少なげに調理し持ってくるのだ。


600円の塩ラーメンをすすって、僕はあの空間に溶けてしまいそうな、清清しい気持ちになっていた。
何かが洗い流された、そんな気になった。
仏像やステンドグラスの下のキリストを前にしたときと違う、ゆっくり心が洗われていく体験だった。

店の中から見える外は、ホテルのネオンが輝いていた。
そんな中に、淡くさりげない輝きを放つその場所は
俗っぽいゴミゴミした空間に対して、「聖なる空間」だった。
そんな空間がこの大阪にあったのかと、胸を打たれた気持ちだった。


…あれから4年。
つい最近、この桜ノ宮のラブホ街をぶらぶらと歩いていた。
思い出したように、あの聖なるラーメン屋を探すために。
この街には「性」と「生」と「聖」がある。
ホテルで男女が睦み合い、階層の縦と横で折り重なる空間の外には
多分京橋あたりで働く夜の仕事に従事する人が住むアパートや、地元の人の民家がある。
子供がラブホの裏の壁で、お母さんと球蹴りをして遊んでいるのを見かけた。
かと思えば、ラブホの隣に病院があり、そこで生死の闘いを展開している場面もある。
カトリックの教会もラブホの隣で見た。



そんな複雑に入り組んだ街に、あの聖なるラーメン屋は見当たらなかった。
あの青白いオーラが感じられる店がなかったのだ。

聖なる空間は、時々こうして口を開けて待っているときもあれば
別の場所に入り口を用意しているかもしれない。
そんな空間は絶えず入れ替わり、この街はダイナミックに動いてるようだ。

僕はスピリチュアルなんてほざくヤツが大嫌いだ。押し付けがましいからだ。
街の混沌の中にさりげなくたたずんでいる、心洗われそうな何かなら、遭遇してみたくなる。
清も濁も呑み込む街・桜ノ宮。この街の沼のような深さにまた触れてみたい。
関連記事
スポンサーサイト
一昨年から大阪の北区に住んでる高二です。
中崎町や中津大好きでよく塾の帰りによってます^^

桜ノ宮のラーメン屋さん
光龍益
じゃないでしょうか?
食べログとかでも結構評判いいですよ。
[ 2011/01/22 21:09 ] [ 編集 ]
情報ありがとうございます!

で…調べてみたら、ぐるなびのTOP5000に入ってる店だそうですね。
かなり評判はいいそうです。
桜ノ宮って、(他の場所にもうまいラーメン屋があったりして)結構ラーメン激戦区かもしれませんね。

あと、その店を調べてみたのですが…
ごめんなさい!地図と僕がここかなぁと思った場所が一致してなかったんですよ。
多分記事のラーメン屋、潰れちゃったんだなぁという気がしてます。
でも、桜ノ宮はこういうおもしろい場所ですから、変わったスポットが出てきてもおかしくないですね…。
[ 2011/01/23 00:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。